町長の部屋

(写真)小野澤町長の名前と顔写真

新年明けましておめでとうございます。
皆さんには、令和4年の新しい年を健やかにお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。

昨年は、コロナに明け、コロナで暮れたような一年でありました。
町民の皆さんには、日々大変なご苦労があったかと存じますが、ワクチン接種はもとより、「景気盛リアゲ券」の発行や「中小企業・個人事業者への支援金」の給付など、皆さんの生活を守るための様々な緊急対策事業につきましても、おかげさまで順調に実施することができましたこと、心より感謝を申し上げます。

一方では、親子方式による「温かい中学校給食」が一周年を迎え、さらなる食育の推進に繋がってきておりますし、神奈川県最古の旧半原小木造校舎を「懐かしの学び舎」として復元し、いろんな形で効果的な活用がされるなど、各分野で様々な事業に取り組めたものと思っております。

一日も早いコロナの終息を願うばかりでありますが、3回目のワクチン接種も、町民の皆さんに寄り添った、本町独自のきめ細やかな対応により、全力をあげて取り組むとともに、引き続き、実効性のある施策・事業を適時適切に実施してまいります。

また、横須賀水源地跡地を活用した「観光・産業連携拠点づくり事業」については、昨年から既存建物の撤去に着手しておりますが、これから、土台をしっかりと固めながら、粛々と前に進めていきたいと考えておりますし、本町には、まだまだ様々な資源がありますので、これらを活用しながら町の魅力を高めてまいります。

そして、コロナの状況を見据えながら、これまでできなかった分も含めて、多彩な交流や町民イベントを盛大に開催するなど、町民の皆さんが、毎日を安心して楽しく過ごせるよう、魅力のある町づくりに邁進してまいります。

どんな時でも目標を見失わずに、ためらわずに、「万里一空」の精神で汗をかいてまいりますので、本年も変わらぬご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

皆さんにとって、幸多い素晴らしい年となりますよう、心からご祈念を申し上げ、新年のごあいさつといたします。

 令和4年1月1日

 愛川町長 小野澤 豊

(画像)小野澤町長の書「万里一空」