認知症とは

 脳の病的変化によって、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりすることにより、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を言います。

加齢によるもの忘れと認知症によるもの忘れ

<加齢によるもの忘れ>

  ・体験した一部を忘れる

  ・もの忘れを自覚している

  ・人、時間、場所はわかる

  ・判断力の低下は見られない

  ・日常生活に支障は見られない

  ・きわめて徐々に進行する

<認知症によるもの忘れ>

  ・体験した全部を忘れる

  ・もの忘れの自覚が乏しい

  ・人・時間・場所までわからない

  ・判断力が低下する

  ・日常生活に支障をきたす

  ・進行が早い

認知症のサイン・認知症かなと思ったら

□同じことを何度も言ったり聞いたりする

□置き忘れ・紛失が多くなった

□ものの名前が出てこなくなった

□季節に合わない服装をしている

□着替えや身だしなみ、入浴などを面倒くさがってやらなくなった

□ささいなことで怒りっぽくなった

□日課をしなくなった

 これらの日常の変化を見逃さないことが大切です。少しでも「おかしいな」と思ったら、かかりつけ医などの医師に、早めに相談してみてください。早期発見が大切です。

認知症のいろいろ

【アルツハイマー型認知症】

 いちばん多い認知症です。脳内で異常なたんぱく質がつくられ、脳の細胞の働きが少しずつ失われて、脳が萎縮し機能が全体的に低下して、徐々に進行します。初期症状はもの忘れで、服の着方など一連の動作ができなくなる、計画通りに物事を進めることが難しくなる、徘徊して道に迷いやすい特徴があります。

【脳血管性認知症】

 脳出血や脳梗塞などにより引き起こされる、脳の神経細胞の壊死による認知症です。再発のたびに段階的に進行します。手足の麻痺などの運動障害、気分が落ち込んだり、意欲の低下が見られやすくなります。また、些細なことで泣いたり怒り出したり、感情のコントロールができにくくなります。

【レビー小体型認知症】 
 脳内の神経細胞に、「レビー小体」というたんぱく質が、大脳皮質全体に多く出現し、脳の側頭葉と後頭葉の萎縮が見られます。記憶障害が多く、初期から「幻視」が多く見られることがあります。

どこに相談すればいいの?

(1)町高齢介護課

(2)地域包括支援センター

(3)かかりつけ医

(4)厚木保健福祉事務所

(5)認知症疾患医療センター

(6)認知症地域支援推進員(包括支援センター保健師)

   町には、認知症地域支援推進員がいます。

【推進員の役割】

○医療機関や介護サービス、地域の支援機関をつなぐコーディネーター

○地域の実情に応じて、認知症の人やその家族を支援する相談業務

○認知症に関する事業・制度の町民への周知

○医療機関へ受診が困難な方、介護サービスの利用困難な方への支援を行う

精神保健(アルコール依存症含む)・認知症に関する相談

認知症の相談窓口

かながわ認知症コールセンター

若年性認知症コールセンター

医師に診てもらっても治らないのでは?

 認知症は、れっきとした病気です。原因によっては、薬で症状の進行を抑えたり、病気の進行を遅らせることができます。

認知症の方への接し方

(1)本人のペースに合わせる  

       ゆっくりシンプルに、分かりやすく伝えることを心掛けましょう。

     何かをしてあげるときは、言葉を掛けながらしましょう。

(2)気持ちに寄り添い自尊心を傷つけない

     できないことを責めるのではなく、できることをほめましょう。

     些細なことでも役割を演じてもらいましょう。

     失敗しないよう支援しましょう。

(3)笑顔でにこやかに接する   

     笑顔で気持ちの良くなることを増やしましょう。  

     多少困った行動をとっても、なるべく笑顔で接するよう心掛けましょう。

周囲の支援を受けることが大切です

 家族が認知症になったとき、責任感の強い人ほど「自分が面倒を見なければ」と、抱え込む傾向がありますが、認知症は適切な介護を長期的に行う必要のある病気です。専門家のアドバイスを受けたり、介護保険の利用など地域のサポートを上手に活用することはとても大切です。 認知症であっても、安心して自分らしく生きられるように、積極的に周囲に相談し、支援の輪を広げてください。

~誰もがホッとできる場所~ 認知症予防カフェ

 認知症の人やその家族、あるいは認知症予防にと思われている人、誰でも参加できます。ほっと一息できるみんなの居場所です。

開催日 : 原則毎月第3火曜日(変更する場合があります)
時  間 : 午前10時~12時
会  場 : 春日台タウンカフェ(春日台児童館隣)
内  容 : 見て、体験して、楽しんで参加でき、体と脳の体操を行います
参加費 : 300円
問合せ : 046-280-5070

お問い合わせ
高齢介護課 長寿いきがい班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3338
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ