勝楽寺の山門

 嘉()4年(1851年)建立の壮大な山門(三門)です。木造総欅(いり)母屋(もや)三間造り、前面に(から)破風(はふ)のある二重門()重層門())となっています。

 屋根は反りが強い銅板平葺(ひらぶき)(初期は茅葺(かやぶき))。総高16m、階下間口9m、奥行5.6m、階上間口8.4m、奥行5mです。階上には釈迦三尊(しゃかさんぞん)十六(じゅうろく)羅漢(らかん)が安置されています。

 文政()12年(1829年)、勝楽寺二十三世大雄(だいゆう)亮仙(りょうせん)和尚のとき、山門造営を発起()し、半原(はんばら)(かしわ)()()兵衛(へえ)安則(やすのり)が大工棟梁(とうりょう)として着工しました。しかし、安則の死去にあい工事は中断。嘉永2年(1849年)、安則の子、矢内(やうち)()兵衛(へえ)高光(たかみつ)は父の志を継ぎ工事を再開し、2年後に落成しました。

 

・住所:神奈川県愛甲郡愛川町田代2061

・アクセス:〔バス〕小田急線本厚木駅から野外センター前経由または田代経由半原行きバス

          30分、「半僧坊前」下車徒歩5分

(画像)勝楽寺の山門

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)