宮ヶ瀬ダム

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設の運営状況が変更されている場合があります。詳しくは各施設のホームページなどでご確認ください。

 皆さんは、宮ヶ瀬ダムのことを知っていますか?

 宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から約40kmという近さの場所にある、首都圏最大級のダムです。このダムは皆さんの暮らしや安全を守るために、平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、中津川に完成しました。
 この宮ヶ瀬ダム建設によって生まれた人造湖の宮ヶ瀬湖は、現在、神奈川県に欠かせない水源地となっています。恵まれた自然環境と、東京、横浜から日帰り圏内にあるというロケーションから、自然公園としての機能をもった首都圏近郊の観光スポットとして、年間を通じてたくさんの方々がここを訪れています。

(画像)宮ヶ瀬ダム

ダム概要

型式

重力式コンクリートダム

堤高

156m

堤頂長

約400m

堤体積

約2,000,000立方メートル

貯水池概要

集水面積

213.9平方キロメートル(うち導水面積112.5平方キロメートル)

湛水面積

4.6k平方キロメートル

総貯水容量

193,000,000立法メートル

 ※詳細は、各施設のホームページなどでご確認ください。

相模川水系広域ダム管理事務所ホームページ(トップページ)

神奈川県立あいかわ公園ホームページ(トップページ)

公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(トップページ)

観光放流

 宮ヶ瀬ダムで行われている観光放流は、放流量が1秒間に30立方メートル、放流時間は6分間におよびます。ゴゴーッという轟音とともに、2本の白い水の筋がどんどん太くなっていき、大量に流れ落ちた川底からは、水しぶきがまるで煙のように舞い上がります。晴れた日は美しい虹も架かるこの壮大なショーを、あなたもぜひ体感してみてください。

※詳細は、下記「相模川水系広域ダム管理事務所」へお問合せください。

宮ヶ瀬ダム観光放流(相模川水系広域ダム管理事務所ホームページ)

ロードトレイン「愛ちゃん号」

 県立あいかわ公園パークセンターと、宮ヶ瀬ダム直下(片道1km・約7分間)を結ぶシャトル便として、イタリア製のロードトレイン「愛ちゃん号」が走ります。車窓からの景色を楽しみながら、ゆったり周遊できます。

※料金、運休日等の詳細は、下記「県立あいかわ公園」へお問合せください。

(画像)ロードトレイン愛ちゃん号

ロードトレイン「愛ちゃん号」運行情報(県立あいかわ公園ホームページ)

インクライン

 宮ヶ瀬ダムを建設するために使われた設備ですが、ダム完成後はダムの堤体上と堤体下を結ぶケーブルカーとして活用されています。最大傾斜は35度もあり、迫力のあるパノラマが楽しめます。

 

・定員:46人×2基

・乗車時間:約4分

・料金や運休日等の詳細は、下記「宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」へお問合せください。

(画像)インクライン

乗り物案内(公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団ホームページ)

宮ヶ瀬湖&遊覧船「ミーヤ丸」

 宮ヶ瀬湖畔・ダムサイト・鳥居原エリア内の3エリアを結ぶ遊覧船です。湖水面からの自然観察や景観も楽しむことができますので、宮ヶ瀬湖の遊覧、ダム見学に是非ご利用ください。

コース

宮ヶ瀬⇔ダムサイト

ダムサイト⇒鳥居原⇒宮ヶ瀬(片道のみ)

鳥居原⇔宮ヶ瀬

遊覧コース(宮ヶ瀬発30分)

 

※詳細は、下記「宮ヶ瀬ダム周辺振興財団」へお問合せください。

(画像)宮ヶ瀬湖遊覧船

乗り物案内(公益財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団ホームページ)

Googleストリートビューで見てみよう!

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)