1月26日は「文化財防火デー」

(画像)文化財防火デー啓発看板

勝楽寺(田代区)入口に設置の啓発看板(消防署作製)

文化財防火デー

文化財防火デーは、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県)の金堂で壁画が焼損したことを受け、昭和30年1月26日に制定されました。文化財を火災、震災その他の災害から守るとともに、文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。

2019年には、4月にユネスコの世界文化遺産に登録されているフランスの「ノートルダム大聖堂」、10月には沖縄県那覇市の「首里城」など、火災が相次ぎました。

日本の文化財建造物は多くが木造で、美術工芸品も木・紙・布などの燃えやすい材質で作られているものが多く、火災により焼損する危険をはらんでいます。

文化財を災害から守るためには、文化財関係者と文化財周辺の地域住民との連携・協力が必要です。

大切な財産である文化財を火災・地震などの災害から守り、後世に受け継いでいきましょう。

第67回文化財防火デー

文化財関係リンク

愛川の文化財

文化財防火デー(文化庁ホームページ)

お問い合わせ
消防課 予防班
〒243-0301
神奈川県愛甲郡愛川町角田286-1
電話番号:046-285-3131
ファクス:046-285-4091
メールフォームでのお問い合せ