中津工業団地第1号公園再整備基本計画(案)について【令和5年9月実施】

更新日:2023年12月04日

中津工業団地第1号公園再整備基本計画について【令和5年9月実施】の詳細

案件名 中津工業団地第1号公園再整備基本計画(案)について【令和5年9月実施】
意見の募集期間

令和5年9月13日~令和5年10月2日

募集は終了しました。

担当課

都市施設課

提出者 2人(12件)

結果閲覧場所

令和5年12月4日(月曜日)から令和6年6月3日(月曜日)まで閲覧できます。

  • 町政情報コーナー(役場本庁舎1階)
  • 文化会館
  • ラビンプラザ
  • レディースプラザ
  • 町ホームページ

意見の内訳

意見の内訳

野球場について 8件
ジョギングコースについて 2件
トリム広場について 1件
その他 1件
合計 12件

 

パブリック・コメント手続きを踏まえた計画

パブリック・コメントに対する町の考え方について

中津工業団地第1号公園再整備基本計画(案)に対するパブリックコメント意見

1 既設スポーツ施設の再整備の内容等の文言中に、町民要求の多いサッカー施設に係ることは触れたほうが良いと思います。 パブリックコメントで公表した計画(案)において多目的広場は、特定の競技の専用グラウンドとせず、町の地域防災計画等の位置付けを考慮した多面的な利用が可能となるような整備を計画したものであります。 なし
2 人工芝の多目的広場の新設について、どのような広場となるか例示したほうが分かりやすいと思います。 同上  
3-1 ○サッカーができると想定した場合の意見
少年サッカーができる広さ(50m×68m)+安全スペースの確保を要望します。
多目的広場は、少年サッカーやフットサルが競技可能な広場としています。 ●10 ページ 6 再整備構想図(案)
図内に寸法を記載しました。
3-2 サッカーゴールやフットサルゴールの常備を要望します。 少年サッカー用ゴール及びフットサル用ゴールの常備を考えています。 なし
3-3 サッカーやフットサルのライン設置を要望します。 多面的な利用が可能となる多目的広場として整備するため、特定の競技用ラインの設置は考えておりません。 なし
3-4 野球場と多目的広場の境界にネットを設置し、安全対策を要望します 野球場と多目的広場を安全に分断するため、防球ネットを設置することとしています。 ●8ページ 3 再整備の内容 <野球場>
下記を追加しました。
・野球場と新設する多目的広場を安全に分断するため、防球
ネットを設置します。
4 ジョギングコースについて、駐車場車路を横断しない計画であり、大変良いことだと思いますが、コース表層は傷みが激しく、クッション性のある素材へ変更すると利用者の増加が図られると思います。 ジョギングコースの表層は、クッション性の良い素材への更新することとしています。 ●8ページ 3 再整備の内容 <ジョギングコース>
下記のとおり修正しました。
修正前)…略… 劣化が著しいコース表層を更新し、…略…
修正後)…略… 劣化が著しいコース表層については、衝撃吸収性が高い素材へ更新し、…略…
5 ○多目的広場の人工芝について
整備直後は綺麗な状態で景観もよくなると思うが、整備後10 年・
20 年経過後の劣化状況等の研究がされているか?
千切れた人工芝が近隣のごみ問題になるような事がないか?
人工芝以外に候補はないのか?
多目的広場は、大規模災害時には自衛隊や警察等の広域応援部隊の活動拠点となり、大型テント等の設置場所として位置付けておりますことから、舗装材は、人工芝、混合土舗装、天然芝、ゴムチップ等から、利用形態や維持管理費等を考慮し、水捌けの良いロングパイル人工芝で整備することとしています。
ロングパイル人工芝は、一般的なナイロン製の人工芝と比べ抜けにくい製品ではありますが、定期的なメンテナンスを行い、適切に維持管理することとしています。
なし
6 ○トリム広場トイレについて
トリム広場に隣接したトイレがない為、幼児や小学生が利用する場合にかなりの距離を移動する事になり、保護者の目が届かなくなるか、付き添いが必要になる。広場に隣接したトイレの整備が必要。
トリム広場周辺にみんなのトイレを含む屋外トイレを設置します。 ●9ページ 3 再整備の内容 <体育館、プール、トリム広場>
下記を追加しました。
・平成29年度の全面改修により利用者が増加したトリム広場周辺に、利用者の利便性向上を図るため、みんなのトイレを含む屋外トイレを設置します。
7 ○野球場防護ネットについて
以前より、ボールがトリム広場のネットを超えるとの問題提起があるが、高さ等の対策がされているか、多目的広場にボールが打ち込まれ怪我人が出ないような対策がされているか?
北側の野球場(A面)を廃止することにより、トリム広場へのボールの飛び込みは解消されます。
また、野球場(B面)の左翼は、全日本軟式野球連盟が『第2種公認球場(軟式野球(社会人))』で定める91.44メートルを確保した上で、多目的広場との境界に高さ7メートルの防球ネットを設置し、ボールの飛び込みを防止することとしています。
(再掲)
●8ページ 3 再整備の内容 <野球場>
下記を追加しました。
・野球場と新設する多目的広場を安全に分断するため、防球ネットを設置します。
8 ○ジョギングコース路面について
多目的広場同様に10 年20 年経過後の劣化に対しての対策が出来ているか?
舗装材は、衝撃吸収性や維持管理面に優れ、損傷が生じた際も部分的な補修が可能なゴムチップとポリウレタンの混合舗装で整備し、適切に維持管理することとしています。 (再掲)
●8ページ 3 再整備の内容 <ジョギングコース>
下記のとおり修正しました。
修正前)…略… 劣化が著しいコース表層を更新し、…略…
修正後)…略… 劣化が著しいコース表層については、衝撃吸収性が高い素材へ更新し、…略…
9 スポーツ施設の整備については、単年度毎に各種目協会等より要望し予算審議をしているが、再整備基本計画に経年劣化等を考慮した長期的な維持管理計画も必要ではないか? スポーツ施設の維持管理については、日常点検等で状況の把握を行っているほか、各スポーツ団体等のご意見をお伺いしながら、引き続き、適切な維持管理に努めることとしています。 なし

 

この記事に関するお問い合わせ先

都市施設課 建築・公園緑地班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6939 または 046-285-2111(内線)3449
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ