新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方の愛川聖苑の使用について(お知らせ)

令和5年1月6日付けで厚生労働省から通知のありました「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方及びその疑いのある方の処置、搬送、葬儀、火葬等に関するガイドライン」の改正により、令和5年1月20日以後、本苑では次のとおり運営しますのでお知らせします。

  1. 火葬の予約を入れる際には、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方の遺体であることをお伝えください。
  2. 火葬炉午後3時30分の専用枠を解除します。
  3. 「遺体に適切な感染対策」(※1)を講ずることにより、納体袋に収容する必要はありません。
    なお、損傷が激しい遺体や解剖後の遺体など、体液漏出のリスクが高いと想定される場合は、納体袋をご使用ください。
  4. 「適切に感染対策」(※2)を講じた場合、式場使用を可能とします。
  5. 感染予防策を実施する期間(※3)を満了した後に亡くなられた場合の遺体は、通常の遺体と同様に取り扱うことができ、納体袋に収容する必要はありません。
  6. 遺族などの方が濃厚接触者である場合(※4)、その方の検査の状況を踏まえつつ、「適切に感染対策」を徹底してください。

※1 「遺体に適切な感染対策」:清拭および鼻、肛門などへの詰め物や紙おむつの使用などにより、体液などの漏出予防が行われた状態。

※2 「適切に感染対策」:遺体に適切な感染対策を講ずること、三密の回避、人と人との距離の確保(式場内・待合室30名目安)、マスクの着用、手洗い、換気などの基本的な感染対策を徹底すること。

※3 感染予防策を実施する期間:発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合、または、発症から10日間経過以前に症状軽快して24時間経過後、PCR検査で24時間以上間隔をあけて2回の陰性が確認された場合。

※4 濃厚接触者の待機期間は、当該感染者の発症日(当該感染者が無症状の場合は検体採取日)または、当該感染者の発症日(当該感染者が無症状の場合は検体採取日)または当該感染者の発症などにより住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として、5日間(6日目解除)とするが、2日目および3日目の抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、3日目から解除を可能とする。

お問い合わせ
住民課 愛川聖苑
〒243-0304
神奈川県愛甲郡愛川町棚沢941-1
電話番号:046-285-9411
メールフォームでのお問い合せ