ブラックバイトにご注意を!

 「長時間のアルバイトを強いられる」「残業代が支払われない」「辞めたいのに辞めさせてもらえない」といった、学生や若者のアルバイトを巡るトラブルが社会的に大きな問題となっています。トラブル防止のため、これからアルバイトを始める方や、すでに働いている方のほか、ご両親など家族の方も、働く上での基本的なルールについて確認しましょう。

アルバイトを始める前に労働・雇用のルール基礎知識

働く時間のルール

 1日の労働時間は8時間まで、1週間の労働時間は40時間までと法律で決められています。これを超えて働いた分は、割り増しして賃金が支払われます。

休憩時間のルール

 1日に6時間を超えて働くときは勤務の途中に45分間以上、8時間を超えて働くときは1時間以上の休憩を取ることが決められています。

休日のルール

 1週間のうち少なくとも1日、または4週間のうち少なくとも4日は休日を取ることが決められています。

給料・賃金のルール

 給料・賃金は、原則として通貨で本人に直接、全額を毎月1回以上、決まった日に支払わなくてはならないと決められています。神奈川県の最低賃金は、時給983円です(平成30年10月1日から)。毎年、金額が変わりますので、いつの間にか自分の給料・賃金が、最低賃金を下回っていないか、確認しましょう。

18歳未満の方が働くときのルール

 18歳未満の方が働く場合は、さらに厳格なルールが定められています。高校生のアルバイトなど、該当する場合は注意しましょう。

  • 午後10時~午前5時の深夜に働くことは禁止されています。
  • 1日8時間、週40時間を超えて働くことは禁止されています。
  • 法律で定められた週1回の休日に働くことは禁止されています。
  • 危険な仕事や、お酒を出す店での接待(飲食店などで単にお酒を運ぶだけの仕事は除きます)などの仕事をすることは禁止されています。

これから働く方も、働いている方も知っておきたい労働・雇用のルール

労働条件の確認

 労働契約とは、労働者と雇用者との間で「働くこと」「雇うこと」を約束し、労働の提供・賃金の支払いなどについて、前もって取り決めておく契約です。特に、次の6つの労働条件は、「労働契約書」「雇用契約書」「労働条件通知書」などの書面に記載して、雇用者から労働者に渡す義務があります。締結の際には書面の内容をよく確認することが大切です。

  1. 働く期間
  2. 働く期間が決まっている場合は更新の基準
  3. 働く場所と仕事内容
  4. 働く時間・休憩時間・休日
  5. 給料の額・支払い時期など
  6. 退職するとき・解雇されるときの決まり

労働条件の変更には合意が必要

 はじめに約束した労働条件を、労働者・雇用者のどちらかが一方的に変更することはできません。

残業に含まれる時間

 タイムカードを押す前や後でも、仕事に必要な準備や片付けなどの時間は働いた時間となります。

年次有給休暇(有休、年休)はアルバイトにもあります!

 年次有給休暇とは、定められた休日以外の労働者の休みたい日に、賃金を減らされることなく休むことができる休暇です。アルバイトの場合も取得が認められていますが、取得の条件として、6カ月以上継続して働き、その間の全労働日数の8割以上に出勤していることが必要です。休む理由は自由ですが、事前にいつ休むかを雇用者に申し出なくてはなりません。雇用者は有給休暇を取らせないことはできませんが、「同じ日に何人も休暇を申し出たために仕事が回らない」など、適当と認められる場合は休む日を変えることができます。

退職

 原則として、労働者には退職の自由がありますが、就業規則や労働契約書などで条件が定められている場合がありますので、確認しましょう。期間の定めのない雇用の場合は、いつでも退職の申し出をすることができ、申し出た日から2週間を経過すると辞めることができます。また、期間の定めのある雇用の場合でも、やむを得ない理由がある場合には、期間中に辞めることができます。

仕事のトラブルに関する相談窓口

 これまでのように、働く方は法律によるさまざまなルールに守られています。しかし、何らかのトラブルが発生した場合に、会社や大人を相手にするとなかなか一人では行動ができないことも考えられます。トラブルが発生したり、疑問に思うことがあったりしたら一人で悩まず、家族などの身近な人たちに相談しましょう。また、国や県でも下記のような相談窓口を設置していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

国の相談機関

 賃金、解雇、配置転換、パワハラ、いじめなど、職場で発生したトラブルや、トラブルの未然防止などの相談

 名称:厚木総合労働相談コーナー

 所在地:厚木市中町3-2-6 厚木Tビル5階(厚木労働基準監督署内)

 電話番号:046(401)1641

県の相談機関

 職場で起きるトラブル全般

 名称:かながわ労働センター県央支所

 所在地:厚木市水引2-3-1 神奈川県厚木合同庁舎3号館2階

 電話番号:046(296)7311

お問い合わせ
商工観光課 商工労政班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6948 または 046-285-2111(内線)3522
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ