学校給食で地産地消を推進!

1月19日 学校給食で地産地消を推進!

学校給食での「地産地消」を推進するため、町立小・中学校の学校給食で全面的に町内産の鶏卵の提供を開始しました。

町では毎月19日「食育の日」に、食育を推進するための給食メニューを出しており、今回は「神奈川中央養鶏農業協同組合」が生産する鶏卵約3,000個を無償で提供いただき、おでんに入れる煮卵として調理しました。

愛川中原中学校では、給食が始まると、生徒たちは1人1個の大きな煮卵を頬張り、うれしそうに食べていました。
また、校内放送で、今日の献立と町内産の卵を使用した煮卵について説明があり、生徒たちは給食を食べながら耳を傾けました。

卵を食べた生徒たちは「町内産の卵は特別に感じる」「家の近くで取れた卵が今後も食べられるのはうれしい」などと笑顔で話しました。

町教育委員会の小野早穂梨栄養士は「生徒たちのうれしそうな顔が見られて良かった。今後はチャーハンやかき玉汁などさまざまなメニューで使用していきたい」と意気込みを語りました。

 

(画像)給食の町内産の煮卵を配膳する生徒

(画像)給食の町内産の煮卵を配膳する生徒

(画像)給食の町内産の煮卵を配膳する生徒

給食の町内産の煮卵を配膳する生徒

(画像)おでんに盛り付けられた煮卵

おでんに盛り付けられた煮卵

(画像)うれしそうに煮卵を食べる生徒

(画像)うれしそうに煮卵を食べる生徒

(画像)うれしそうに煮卵を食べる生徒

(画像)うれしそうに煮卵を食べる生徒

うれしそうに煮卵を食べる生徒

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ