2019若き演奏家たちによるクラシックアンサンブルを開催

5月11日 2019若き演奏家たちによるクラシックアンサンブルを開催

 古民家山十邸で、「2019若き演奏家たちによるクラシックアンサンブル」を開催しました。

 3回目の開催となった今回は、東京藝術大学音楽学部2年生の山本大心さん、清水健太郎さん、及川悠介さん、島田光博さんによるバイオリン・カルテット「TAKEYUMI」をお招きし、グリーグ「ホルベルク組曲」より第1楽章、モーツァルト「魔笛」より「夜の女王のアリア」「パパパの二重唱」など7曲が披露されました。

 弦楽アンサンブルは、バイオリンのほかにビオラやチェロなど異なる楽器で構成されることが多いですが、「TAKEYUMI」はバイオリンのみという構成。会場に集まった約150人の観客の皆さんは、古民家の重厚な空間の中で、普段は聴くことができないバイオリン四重奏の響きに、深く聴き入っていました。

(写真)演奏の様子

演奏の様子

(写真)「TAKEYUMI」の皆さん

「TAKEYUMI」の皆さん

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ