高齢者見守りロボット実証実験

令和3年7月から2カ月間、ひとり暮らし高齢者の方を対象に、AIとICTを活用した見守りロボット「PaPeRoi(パペロ アイ)」の実証実験を行います。

新型コロナウイルスの影響により、地域による見守りや離れて暮らす家族による見守りが困難な状況となっており、感染拡大を予防するための新しい生活様式が求められています。見守りロボットにより、家族はスマートフォンで高齢者を見守ることができます。

実証実験を行うにあたり、無料モニターを先着で10人募集します。

(写真)パペロアイ

対象

町内に住所を有する方で、以下の全てに該当する方

  1. 概ね75歳以上の方
  2. 在宅でひとり暮らしをしている方
  3. 家族が遠方に住んでいる方(愛川町内でも可能)

設置に必要なこと

見守りロボットと、10インチ小型テレビ端末、モバイルルーターを貸し出します。

コンセントが2つあれば設置することができます(固定電話回線やインターネット回線がなくても設置できます)。

ご家族は、スマートフォンやパソコンなどの操作が必要です。

見守りロボット「PaPeRo i (パペロ アイ)」とは

緊急時の連絡体制だけでなく、日常の見守りやコミュニケーション機能、介護予防機能が備え付けられた、かわいい見守りロボットです。

基本的には、センサーやメッセージのやりとりによる見守り方法です。パペロセンサーにて動きや温度、明るさを感知し、家族は都合の良い時にスマートフォンで見守ることができます。

薬の時間や戸締りなど、忘れがちな生活行動をお知らせできる機能もあります。町からの防災メールと連携しているため、もしもの時のお知らせも安心です。

また、体操の動画を再生したり、「パペロ」との会話を楽しんだりすることで、介護予防にもつながります。

自己負担額

無料(実証実験のため)

ただし、電気代は別途個人負担となります。

申請期限

令和3年4月30日(金曜日)まで

お問い合わせ
高齢介護課 長寿いきがい班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3338
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ