猛毒キノコ「カエンタケ」にご注意ください

神奈川県内の周辺自治体で猛毒のキノコ「カエンタケ」の目撃事例が増えています。

町内で発見された際には絶対に触らないでください。

「カエンタケ」とは(厚生労働省ホームページより)

カエンタケは非常に毒性が強く、誤って食べてしまうと死に至る可能性があります。また、触れるだけでも皮膚に炎症を引き起こす場合もあります。発見された際には絶対に触らないでください。

カエンタケとは
特徴 表面はオレンジ色から赤色、細長い円柱状または棒状で、土から手の指が出ているように群生または単生する。中は白く、硬い。
発生時期 夏から秋
発生場所 ブナ、コナラなどナラ類などの広葉樹林の地上に群生して発生する。
症状 食後30分から、発熱、悪寒、嘔吐、下痢、腹痛、手足のしびれなどの症状を起こす。2日後に、消火器不全、小脳萎縮による運動障害など脳神経障害による死に至ることもある。
毒性成分 トリコテセン類:毒性は強く、食べても、触っても毒である。死亡例あり。

カエンタケの写真などは下記参考資料(外部サイト)をご確認ください。

参考資料(外部サイト)

自然毒のリスクプロファイル:カエンタケ(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ
農政課 農政班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6952 または 046-285-2111(内線)3532
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ