中津小学校で「BOSAIフェス」が開催されました

11月12日 中津小学校で「BOSAIフェス」が開催されました

中津小学校の体育館と校庭を会場に、同校の5年生がバケツリレーや応急手当、非常食の喫食といった防災に関する体験学習を行う、「BOSAIフェス」が開催されました。

これは、新型コロナウイルス感染症予防のために中止となった5年生のキャンプに替わる体験学習として実施されたものです。

本年度、同校の5年生は「総合的な学習の時間」で防災について学んでおり、フェスの内容は児童たちが案を考え、プレゼンテーションを行って決定しました。また、当日の進行は実行委員の児童たちが行いました。

開会式

実行委員の児童たちは、少し緊張した様子で当日のプログラムなどの説明を行いました。

(画像)開会式の様子

活動1 プライベートエリア作り

家庭から集めた段ボールで、自分たちが避難所で使いたいものを作りました。
個性豊かな机やベッドなどが完成しました。

(画像)活動1の様子

(画像)活動1の様子

活動2 バケツリレー

2チームに分かれ、リレー形式でゴールのバケツに水を運びました。
試合の間に設けられた作戦タイムでは、くみ取る水の量を多くするなど作戦を練り、両チームとも工夫しながら競い合いました。

(画像)活動2

(画像)活動2の様子

活動3 ロープワーク

地域のボランティアグループ「あいかわ町災害防災ネットワーク」の皆さんが講師となり、災害時に役立つ「本結び」などの結び方を学びました。
児童たちは普段使わない結び方に苦戦している様子でしたが、児童同士で教え合うなど、協力して結び方を確認していました。

(画像)活動3

(画像)活動3の様子

活動4 応急手当

養護教諭が講師となり、手足の甲のけがや骨折時に役立つ、応急手当の方法を学びました。
三角巾のほか、傘や雑誌を活用した患部の固定方法が紹介され、児童同士で手当のやり方を確認しながら学んでいました。

(画像)活動4の様子

(画像)活動4の様子

活動5 BOUSAI食を食べよう

お湯や水を注いでつくるアルファ米と、ライスクッキーを食べました。
楽しみにしていた昼食ということで、児童たちはうれしそうに食べていました。

(画像)活動5の様子

(画像)活動5の様子

活動6 避難所あそび

あらかじめ出題者が用意した「答え」を質問で導く「20の質問」などのゲームやレクリエーションを各グループで行い、避難所でも退屈しない方法を学びました。

(画像)活動6の様子

(画像)活動6の様子

皆さんの感想

副実行委員長の石橋 裕君は、「他の行事の実行委員などをやっていたので、今日はスムーズに進行できました」と満足そうに話しました。

また、児童たちから「バケツリレーで、みんなで協力して成果を出せたのがうれしかった」「防災食を作るのが楽しかった」といった感想がありました。

5年生担任の渡邊勇人先生は、「これをきっかけにして、総合的な学習の時間でさらに学びを深めてもらいたい」と語りました。

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ