土砂災害救助対応訓練を実施しました

10月13日・14日 土砂災害救助対応訓練を実施しました

町消防本部では、篠崎建材株式会社のご協力をいただき、同社の敷地内で、「土砂災害救助対応訓練」を実施しました。
この訓練は、近年、大型台風などにより全国各地で土砂災害が頻繁に発生していることを踏まえ、土砂災害の特性の理解や救助知識・技術の向上を図り、有事に万全を期すために実施したものです。
訓練には二日間で消防署員56人が参加し、監視隊要領訓練と救出活動訓練を行いました。監視隊要領訓練は、傾斜地に土砂の監視隊を配置し、地面に打ち込んだ杭を監視する訓練。土砂に動きがあると杭も動くので、危険を察知することができます。救出活動訓練では、土砂の下に取り残された人を救出するという想定で、手やスコップなどを使い分け掘削を行い、実践的な対応力の向上を図りました。さらに、応援隊などに遠隔で情報を共有することを想定して、ドローンによる撮影の訓練も行いました。
参加した消防署員のコメント
「今回のような規模が大きい訓練は初めてでしたが、若い隊員にとっては資機材の使い方など、非常に勉強になったと思います。今後も訓練を重ねてスキルアップをしていきます」
「訓練を通して課題が見つかりました。スコップの持ち方や地面を掘る角度、疲労を考慮した交代など、効率の良い人命救助を心掛けます」
 

(写真)監視隊要領訓練

監視隊要領訓練

(写真)救出活動訓練で掘削する様子

救出活動訓練で掘削する様子

(写真)救出活動訓練で救出する様子

救出活動訓練で救出する様子

(写真)ドローンによる撮影の訓練

ドローンによる撮影の訓練

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ