コロナ禍での災害に備えて「指定避難所開設訓練」を実施しました

8月22日 コロナ禍での災害に備えて「指定避難所開設訓練」を実施しました

新型コロナウイルス感染症が広がる中での災害発生に備えるため、災害時に指定避難所で従事する町職員などを対象とした「指定避難所開設訓練」を、高峰小学校の体育館で実施しました。

訓練では、町危機管理室の職員が講師となり、避難所の入り口での検温や、ワンタッチで設置できるクイックパーテーションと段ボールを使った間仕切りの組み立てといった訓練を行いました。

参加した職員からは「今日の訓練をしっかり覚えて、スムーズな避難所開設に努めたい」「新型コロナウイルス対策については、これまでの災害ではなかった内容なので、参考になった」といった感想が上がっていました。

(写真)入り口で体温計を使って検温をする訓練の様子

入り口での検温訓練

(写真)避難所用の物品を床に広げて確認する職員たち

避難所用物品の確認

(写真)クイックパーテーションを組み立てる訓練の様子

クイックパーテーション設置訓練

(写真)段ボール間仕切りを設置する訓練の様子

段ボール間仕切り設置訓練

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ