横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

3月15日 横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

 横浜市立中尾小学校(横浜市旭区)4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果と、児童から町へのメッセージとをまとめた模造紙が届きました。
 中尾小学校4年生は、県立愛川ふれあいの村で体験学習を行うこともあり、県内の特色ある地域を知り、そこについて調べる「わたしたちの県のまちづくり」という単元で、町の撚糸業や愛川ブランドについて調べました。昨年10~11月にかけ、町のパンフレットやインターネットで調べたほか、町総務課広報・シティセールス班に電話もかけたりしながら、撚糸業がなぜ盛んだったのかといったことや、町が愛川ブランドを通して自然や「糸の町」の歴史を大切にしていることを学んだそうです。         

 届いた模造紙の一部は、3月29日まで役場本庁舎1階に展示しています。

横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

役場本庁舎1階に掲示している届いた模造紙の一部

横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

愛川ブランド認定品(半原のネクタイ、kuretama〈くれたま〉、お米たまご)についての説明

横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

愛川ブランド認定品(糸最中)についての説明

横浜市立中尾小学校4年生から、町の撚糸業と「愛川ブランド」について調べた成果が届きました。

児童たちから町へのメッセージ

 町では、調べた成果を届けてくれたことに感謝の気持ちを込め、3月15日、町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問しました。

 当日は、児童たちに特に人気のあった愛川ブランド認定品「糸最中」の製造・販売を行っている「寿々喜菓子輔」(半原、店主鈴木三郎さん)の協力のもと、製造の様子や商品が生まれたきっかけを説明した動画を放映した後、鈴木さんが電話で登場し、児童から「糸最中」に関する質問に答えました。その後、町職員が、児童からの愛川ブランドや町に関する質問に答え、締めくくりには、町の観光キャラクター「あいちゃん」がサプライズで登場し、「あいちゃん音頭」を披露。児童たちも立ち上がって、手を振ったり、振り付けの一つ「糸巻き」のポーズをするなど、見よう見まねで一緒に踊りました。
 児童たちからは、「愛川町に行って、愛川ブランド認定品を食べてみたい」「撚糸業は減ってしまったが、『半原のネクタイ』など糸に関係する愛川ブランド認定品があると知り驚いた」「いろいろな人に愛川町の自然・文化などのすばらしさを知ってもらい、盛り上がってほしい」などの感想がありました。

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

中尾小学校4年生の皆さんとの記念撮影

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

町職員からのお礼のあいさつ

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

「糸最中」の動画を見る皆さん

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

寿々喜菓子舗店主の鈴木三郎さんへ電話での質問タイム

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

町や愛川ブランドに関する質問に答える町職員

町観光キャラクター「あいちゃん」と町職員2人が中尾小学校を訪問

嬉しそうに「あいちゃん音頭」を踊る児童の皆さん

Facebook公式ページ「愛川ブランド劇場」を開設しました!

愛川ブランド認定品

横浜市立中尾小学校

お問い合わせ
総務課
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ