オンライン学習家庭環境整備費補助制度

大学などにおいて実施されるオンライン授業を受講するため、自宅に新たにICT機器などを整備する場合に、その費用の一部を補助します。

補助対象者

オンライン授業を受講するために、パソコンやウェブカメラの購入のほか、自宅にインターネット環境を新たに整備する方(※1)で、次に掲げる要件を満たす大学生など(※2)とします。

※1 パソコンやウェブカメラなどを所有しておらず、オンライン授業を受講するために当該機器を購入する方、または新たに光回線やWi-Fiなどのインターネット回線を整備する方。

※2 令和3年4月1日以降に、学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学、大学院、短期大学に入学した方、または同法に規定する都道府県により認可を受けた専修学校、各種学校に入学した方。

  1. 町内に住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく住民登録をし、かつ、居住の実態があること。
  2. 令和2年中の世帯年収が500万円以下であること。
  3. 過去に、この補助金の交付を受けていないこと。
  4. 過去に、補助対象経費に係る本町の他の補助を受けていないこと。
  5. 愛川町暴力団排除条例(平成23年愛川町条例第16号)第2条第4号に規定する暴力団員等及び同条第5号に帰する暴力団経営支配法人等と密接な関係にないこと。
  6. 対象者世帯全員が、本町の町税を滞納していないこと。

補助対象経費

補助対象者が、令和3年1月1日以降に支払った、オンライン授業を受けるために新たに購入するパソコンやウェブカメラなどのICT機器購入費およびインターネット回線に係る工事費その他の初期費用とします。

補助金額

補助対象経費に2分の1を乗じた額(100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)とし、3万円を限度とします。

補助金の申請手続

補助金の交付申請は、令和3年12月28日までに次の書類を添えて申請してください。

  1. 愛川町オンライン家庭学習環境整備費補助金交付申請書(第1号様式)
  2. インターネット回線を新たに整備した場合は、契約書または申込書などの写し
  3. 領収書などの写し(経費の内訳がわかるもの)
  4. 大学生などの学生証の写し
  5. 令和2年中の世帯全員の源泉徴収票または令和2年分の確定申告書の写し
  6. その他町長が必要と認める書類

1.愛川町オンライン家庭学習環境整備費補助金交付申請書(第1号様式)(WORD:29.3KB)

補助金の交付決定

補助金の申請があったときは、その内容を審査し、愛川町オンライン家庭学習環境整備費補助金交付(不交付)決定通知書(第2号様式)により、申請者に通知します。

補助金の請求方法

補助金の交付決定を受けた方は、愛川町オンライン家庭学習環境整備費補助金交付請求書(第3号様式)により請求をしてください。

愛川町オンライン家庭学習環境整備費補助金交付請求書(第3号様式)(WORD:15.8KB)

補助金交付決定の取り消しおよび返還

補助金の交付決定後、次のいずれかに該当するときは、交付決定を取り消すことがあります。また、交付決定の取り消しにあたり、既に補助金を交付している場合は、期間を定めて補助金の返還を命ずるものとします。

  1. 虚偽の申請、その他不正の手段により補助金の交付決定を受けたとき。
  2. 関係法令等に違反したとき。
  3. その他町長の指示に従わなかったとき。
お問い合わせ
企画政策課 企画政策班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6924 または 046-285-2111(内線)3232
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ