はしか(麻しん)に注意しましょう!

 沖縄県ではしか(麻しん)が流行しています。今後、感染が広がる恐れがありますので、注意しましょう。

はしか(麻しん)とは

感染経路

 感染力が強く、麻しんウイルスの飛沫・接触だけでなく、空気感染によって広がります。(空気感染とは、ウイルスが空気中に飛び出し、広い空間で他の人に感染すること)

症状

 高熱、せき、鼻水、めやに、発疹など。また、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症を起こすことがあります。症状が重い場合、死亡することもあります。

対処方法(予防接種)

 予防接種をしている人は、接種をしていない人と比べ、感染する可能性がはるかに低くなります。人が集まる場所に行く場合は、早めの接種をご検討ください。

関連リンク

麻しんについて(厚生労働省ホームページ)

国立感染症研究所ホームページ

麻しん(はしか)患者の発生状況について(沖縄県ホームページ)

お問い合わせ
健康推進課 健康づくり班
〒243-0301
神奈川県愛甲郡愛川町角田257-1
電話番号:046-285-6970 または 046-285-2111(内線)3342
ファクス:046-285-8566
メールフォームでのお問い合せ