振り込め詐欺急増中!

こんな手口にご注意を(神奈川県ホームページ)

振り込め詐欺にご注意ください

息子や娘、孫などをかたって、親族を心配する気持ちに付け入り、現金をだまし取る「オレオレ詐欺」をはじめとした、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」の被害が後を絶ちません。

日ごろから、ご家族・職場・会合などで、このような犯罪が身近に起きていることを話題にしていただき、被害に遭わないように注意しましょう。

振り込め詐欺とは、オレオレ詐欺・架空請求詐欺・融資保証金詐欺・還付金詐欺の総称です。

  • オレオレ詐欺とは、電話を利用して親族、警察官、弁護士等を装い交通事故の示談金等の名目で、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺をいいます。特に「会社のお金を使い込んでしまった。今すぐ穴埋めしないとならない。」という口実で、振り込みをさせる事案が多発しています。
  • 架空請求詐欺とは、郵便、インターネット等を利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金を請求する文書等を送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺をいいます。
  • 融資保証金詐欺とは、実際には存在しない融資にもかかわらず、融資する旨の文書等を送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金等を名目に現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺をいいます。
  • 還付金詐欺とは、税務署や社会保険事務所等をかたり、税金の還付等に必要な手続きを装って被害者にATMを操作させ、口座間の送金により現金をだまし取る詐欺をいいます。
     

オレオレ詐欺の最新の手口

  • 携帯電話が変わったという連絡

 息子等を装い、被害者宅に事前に電話をかけてきて、「携帯電話が壊れて変えたので電話番号が変わった」などと連絡を入れ、犯行の際、被害者が息子等に確認するために連絡して犯人の使用する電話につながるように仕向ける。

  • キャッシュカードを取りに来るもの

 警察官や金融機関の関係者を名乗り、「あなたの名義のカードが発見された」、「カードを預かりに行くので事前に暗証番号を教えて下さい」などと電話を入れた後で被害者宅を訪れ、キャッシュカードを騙し取る。

  • 現金を直接取りに来るもの

 代わりの者に現金を取りに行かせるといって現金の受け渡し場所を指定し、現金を持って来るように指示する。

  • 「エクスパック」を使用させる

 現金の送金方法として金融機関の窓口やATMではなく、エクスパックを指定して郵便物受取サービス業者(いわゆる私設私書箱業者)宛に送金させる。
 

被害に遭わないために

  • 身内に連絡をとる

 お金の振り込みを要求する電話がかかってきたら、必ず本人や家族に連絡をとり、相談や事実を確認する。

  • 事実確認が取れないときは振り込まない
  • 振り込む前に最寄りの交番、警察に相談する

 相談の内容は厳守ですので、気軽に声をかけたり、電話で相談してください。

  • 金融機関に行ってからでも銀行員などに一言話す
     

見ず知らずの人の口座に振り込むときは、ATMを使わずに窓口から振込手続をし、銀行員などに一言話しましょう。神奈川県下の金融期間に対して、警察から振り込め詐欺の被害防止について協力を求めています。

お問い合わせ
住民課 交通防犯班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6937 または 046-285-2111(内線)3320
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ