古民家山十邸

古民家山十邸門(国登録有形文化財)

古民家山十邸主屋(国登録有形文化財)

 古民家山十邸について

 古民家山十邸は、古くからのただずまいを残し「かながわのまちなみ100選」 に選ばれた当町中津熊坂地区の旧街道沿いにあります。

 山十邸は、この地方の明治初期における豪農層の住居の姿を示すものとして、愛川町が、その建物や庭園等を後世に残すために修復、保存を図ったもので、平成21年1月に国登録有形文化財となりました。

 一般に公開され、見学・研修・文化活動に利用することができます。

古民家のあらまし

 当時、熊坂家は「山十」(やまじゅう)の屋号で呼ばれたこの地方きっての豪農で、この邸は、明治初め熊坂半兵衛(1839年〜1897年)の代につくられ、すでに110年ほど経ているとのことです。

 建物は、半原の宮大工の棟梁として知られている矢内家の右仲・左仲・左文治三兄弟の手によって建てられたものといわれています。用材は、ケヤキを用い、ほぞ組みやそのほか、当時の宮大工の技法が存分に活かされた造りとなっています。

 平成21年1月に建築物としての文化財的価値が認められ、主屋と門が国登録有形文化財となりました。

大川周明 晩年の住居

 山十邸は、昭和19年に熊坂家から、戦前の思想家・大川周明の所有となり、 昭和32年に死去されるまで、住居として使用されていました。

所在地

 愛川町中津485番地の1

電話番号

046-285-0015

開園時間

 午前9時~午後5時

使用料

  •  見学は無料です。
  •  使用時間には準備及び、後片付けの時間が含まれています。
  •  1団体は5名以上となります。
  •  専用使用につきましては以下のとおりです。
古民家山十邸専用使用料
区分 使用単位 使用料
専用使用 4時間 1団体につき1,500円

休館日

  1. 毎週火曜日(祝日は除く)
  2. 祝日の翌日(土・日曜日は除く)※火曜日が祝日の場合、水曜日及び木曜日
  3. 年末年始(12月29日~1月3日)

 そのほか、園内整備などのため休園することがあります。※詳細は下記の「古民家山十邸休園日カレンダーを参照してください。

平成28年古民家山十邸休園日カレンダー(PDF:58.8KB)

古民家山十邸パンフレット(PDF:1.9MB)

古民家山十邸付近の史跡みどころ案内図(表)(PDF:1.5MB)

古民家山十邸付近の史跡見どころ案内図(裏)(PDF:1.2MB)

古民家山十邸主屋

古民家山十邸門

最寄りのバス停

「局前」

時刻表・運賃案内(神奈川中央交通ホームページ)

案内図

(画像)古民家山十邸の案内図

地図情報

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。