鶏などを飼育されている皆さんへ(飼養状況調査)

 平成19年1月、宮崎県の養鶏場で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザが発生しました。

 感染の拡大防止には、早期発見、早期通報が大変重要です。

 家畜保健衛生所では鶏など(鶏、アヒル、ウズラ、シチメンチョウ、ガチョウ)の飼養状況を調査していますので、1羽でも飼養している方は種類と羽数をお知らせください。

 鶏などに異常が見られたときには、直ちに動物病院または家畜保健衛生所にご連絡ください。

 なお、鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。

連絡先

神奈川県県央家畜保健衛生所

電話番号 046-228-1649

ファクス 046-229-6765

otiku.1714@pref.kanagawa.jp

電子メールでの送信の場合は、件名に「愛玩鶏」とご記入ください。

感染防止

 現在、他県では高病原性鳥インフルエンザの発生が相次いでいます。

 本町では、大規模な養鶏場が所在していることから、町内での発生が確認された場合、大きな被害が予想されます。

 ご自宅等で鶏等を飼養されている方は、野鳥等の侵入、接触による感染防止のため、防鳥ネット等による対策を講じてください。

お問い合わせ
農政課 農政班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6952 または 046-285-2111(内線)3532
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ