創業支援事業計画

 愛川町と清川村の共同による、民間の創業支援事業者(商工会など)と連携しワンストップ相談窓口を設置するなど、「産業競争力強化法」に基づく創業者を支援する計画「創業支援事業計画」が、国より認定を受けました。

 この計画に基づいて町村や創業支援事業者が実施する「特定創業支援事業」による支援を受けた方(あつぎ起業GYM)は、町が交付する証明書により、国から「株式会社を設立する際の登録免許税の軽減措置」や「信用保証枠の拡大などの特例」を受けることができます。 創業をお考えの方は、窓口にご相談ください。

町の創業支援事業計画

創業支援ブースの設置

 創業準備者・新規創業者・第二創業者を町村の産業等を紹介する各種イベントへ優先的に出展できる枠を提供し、事業PRができる環境を整備し支援します。

ワンストップ相談窓口の設置

 商工会内に創業支援のワンストップ相談窓口を設け、町村、地域金融機関と連携し、様々な創業時の課題を解決します。

あつぎ起業GYM(ジム)

 特定非営利活動法人のNPOあつぎみらい21により、事業計画等をさらに実際の経営にマッチするようにブラッシュアップするための講座を開催します。講義、討議、ロールプレイング等により、個々の方の開業に向けたスキルアップを図ります。

創業セミナー及び個別相談会

 専門家等を講師に招き、アドバイスや個別相談を実施します。

特定創業支援を受けた創業者への支援

 特定創業支援事業による支援を受けた方は、町から発行される証明書を提出することで、次の支援制度を受けることができます。

株式会社等設立時の登録免許税の軽減

 認定を受けた特定創業支援事業の支援を受けて創業を行おうとする方が株式会社等を設立する際、登記にかかる登録免許税が軽減(資本金の0.7%→0.35%など)されます。

注意:創業前の方であることが支援対象の要件となりますので、既に創業を行った個人(法人の経営者を含む)または個人事業主の法人成りの方については対象となりません。

信用保証枠の充実

 無担保、第三者保証人なしの信用保証協会の創業関連保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充されます。

信用保証枠の特例

 創業2カ月前から対象となる創業関連保証の特例について、事業開始6カ月前から利用の対象になります。

創業者支援全体図

お問い合わせ
商工観光課 商工労政班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6948 または 046-285-2111(内線)3522
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ