道路後退用地

狭あい道路に面して家を新築又は増築する場合は事前に協議を!

 道路は単なる交通のためだけではなく、災害時の避難路や良好な住環境を守る上で、私たちの日常生活に重要な役割を持っています。

 4メートル未満の狭あい道路のままでは、車のすれ違いができないなどの交通上の支障をはじめ、消防・防災活動及び日照・通風といった生活環境の面からも問題となります。

 町では、これらの問題を解決するため、建物の新築、増築、改築をする際、建築主や関係権利者の方々のご協力を得て、道路中心から2.35メートル後退し、この後退部分の土地を買収させていただくための要綱を定めています。

画像(道路後退の説明図)

画像(狭あい道路の様子)

 建築物を建築しようとする場合、建築基準法では、法第42条で道路幅員は「4メートル以上」と規定し、建築物が建ち並んでいる幅員4メートル未満の狭あい道路(二項道路)については、道路中心から2メートル後退した線を道路境界線として、義務付けています。

 町では道路中心から2.35メートルの後退をお願いし、より良い道路整備ができるよう努めております。

 住宅などの建築物の建築を計画し、道路後退する部分の土地の買取りを希望される方は、相談を受付けておりますので、詳しくは都市施設課窓口でおたずねください。

愛川町建築行為に係る道路後退用地整備要綱(PDF:38.7KB)

愛川町建築行為に係る道路後退用地整備要綱各種様式(PDF:73.8KB)

お問い合わせ
都市施設課 都市計画班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3443
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。