三増の獅子舞

7月19日 「三増の獅子舞」が行われました

 三増の諏訪神社で「三増の獅子舞」が行われました。約300年前から伝わるといわれる、一人立ちの3頭の獅子による獅子舞で、昭和36年には県の無形民俗文化財に指定されています。

 「カミノクラ三河屋」と呼ばれている個人宅を出発した獅子舞の一行は、舞を披露しながら諏訪神社へ向かい、神社の境内で舞を行いました。

 舞の形式は、獅子は父の巻獅子、母の玉獅子、子の剣獅子の3頭で、この他に姥面をかぶった教導役としてのバンバ、日月の旗、花笠(ササラ役)、笛師、歌師、露はらいの天狗が加わります。

 三増獅子舞保存会の皆さんによる舞のあとには、伝統文化を選択授業に取り入れている愛川高校の生徒たちによる舞も行われました。

 三増の獅子舞は、毎年7月20日頃の日曜日に行われています。

(写真)三増の獅子舞、境内での舞の様子

(写真)三増の獅子舞、道行の様子

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ