郷土資料館で蚕を展示中です

6月24日 郷土資料館で、蚕「相模」を展示中です

 郷土資料館で蚕を展示しています。

 展示しているのは、大正時代の頃に神奈川県蚕業試験場で開発された「相模」という品種の蚕です。飼育が容易なことや、糸の品質が良いことなどから、神奈川県内だけでなく、広く各地で飼育されていました。

 蚕を通して、「糸の町」として栄えた半原の歴史をたどってみてはいかがでしょうか。

 展示は、6月28日(日曜日)までの予定です。

郷土資料館

(写真)箱に入った蚕

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ