三増の獅子舞

三増の獅子舞(神奈川県指定無形民俗文化財)

 江戸時代中期に始まったといわれる三増(みませ)地区の()()(まい)です。例年7月、諏訪(すわ)神社(じんじゃ)摂社(せっしゃ)八坂社(やさかしゃ)祭礼の際に演舞が行われています。

 舞の形式は一人立ち三頭(さんとう)()()(まい)で、(まき)()()(父)・(たま)()()(母)・(けん)獅子(じし)(子)の三頭に、天狗・バンバが舞い手として加わり、さらに日月(にちげつ)の旗・花笠(はながさ)(ササラ役)・(ふえ)()(うた)()で構成されています。

 かつてこの獅子舞は、門外(もんがい)不出(ふしゅつ)とされ、神社を中心に一町より外へ出さぬ掟もあり、舞い手も村内の長男に限られていました。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ