半縄の石棒

半縄の石棒(愛川町指定考古資料)

 縄文(じょうもん)時代中期の棒状の磨製(ませい)石器(せっき)で、(なか)()半縄(はんなわ)地区内より出土しました。長さ110センチメートル、最大直径13センチメートルで、棒端の片方を頭状にふくらませた片頭のものです。県下出土の石棒の中では、大型のものです。一般には信仰に関連した石器として考えられていますが、異説もあって、その用途は明確ではありません。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ