八菅山修験道旧跡

八菅山修験道旧跡(愛川町指定史跡)

 八菅山(はすげさん)一帯は古くから、神仏(しんぶつ)混淆(こんこう)の信仰の聖地でした。日本武尊(やまとたけるのみこと)役小角(えんのおづぬ)行基(ぎょうき)などの来山が伝わっています。また、(みなもとの)(より)(とも)足利(あしかが)(たか)(うじ)(もち)(うじ)による堂社建築や整備が行われたといわれています。(えい)(しょう)年間(1504~1521)の兵火による荒廃後、天文(てんもん)10年(1541)に遠山(とおやま)()斐守(いのかみ)綱景(つなかげ)が社殿を再建。(じょう)(きょう)4年(1687)京都聖護院(しょうごいん)(じき)末寺(まつじ)となり、本山派(ほんざんは)修験(しゅげん)の一拠点となりました。(かい)(ほう)修業(しゅぎょう)は春と秋に、八菅山と大山(おおやま)の間の峰々で行われていました。山内には七社(しちしゃ)権現(ごんげん)別当(べっとう)光勝寺(こうしょうじ)伽藍(がらん)の他、五十余の院・坊がありましたが、明治時代の神仏(しんぶつ)分離令(ぶんりれい)により光勝寺は廃され、七社権現は八菅神社と改称、今日に至っています。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ