三増獅子舞のバンバ面

三増獅子舞のバンバ面(愛川町指定有形民俗文化財)

 三増(みませ)()()(まい)で、3頭の獅子とともに舞う演者の一人「バンバ」がつける仮面です。もとは清徳寺の(かま)獅子(じし)(かつ)いで歩く時の先導者の面に用いられていたと伝わっています。

 ふくべ塗りといわれる黄土色(おうどいろ)姥面(うばめん)で古風な造りとなっています。面長19.5センチメートル、面幅15.5センチメートル。裏に「(けい)寛作(かんさく)」という銘がありますが、これは(せい)徳寺(とくじ)二十二世住持の頼音房慶寛(らいいんぼうけいかん)のことです。彫刻の技術にすぐれ、()(すげ)神社(じんじゃ)にも聖観世音菩薩像(せいかんぜおんぼさつぞう)の作を残しています。享保(きょうほ)12年(1727)に没しました。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ