八菅神社の社叢林

八菅神社の社叢林(神奈川県指定天然記念物)

 関東地方の平地を代表する自然植生のひとつである(じょう)(りょく)広葉(こうよう)樹林(じゅりん)(ヤブコウジ-スダジイ群集)が良好な姿で残されています。

 2万5千平方メートルを超える(しゃ)(そう)(りん)は、高木層(こうぼくそう)にスダジイが優先し、()(こう)(ぼく)(そう)も含めてアラカシ、クロガネモチ、サカキ、タブノキなどで構成されています。低木層(ていぼくそう)にはヒサカキ、アオキ、ヤブツバキ、ヤツデ、マンリョウなどが生育し、(りん)(しょう)にはテイカカズラ、ヒナンカズラ、フユイチゴ、ヤブコウジ、ベニシダ、ナガバジャノヒゲなどが生育する豊かな植物相が見られます。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ