八菅神社の梵鐘

八菅神社の梵鐘(愛川町指定歴史資料)

 元(げん)()4年(1618)に鋳造(ちゅうぞう)された梵鐘(ぼんしょう)です。天保(てんぽう)12年(1841)に成立した『新編(しんぺん)相模(さがみの)(くに)風土記(ふどき)稿(こう)』の八菅村(はすげむら)七社(しちしゃ)権現社(ごんげんしゃ)の項にも、この梵鐘のことが記されています。

 総高110センチメートル、直径61センチメートル。(いん)刻銘(こくめい)には徳川(とくがわ)(ひで)(ただ)の武運長久を祈念し、旗本である「奥津次右衛門」を中心に、この地域の人々が奉納したことが刻まれています。なお、()(ごう)は、修験(しゅげん)の作法書「神分(じんぶん)(しょ)次第(しだい)」(慶長(けいちょう)2年、1597年)の筆者である東向坊(とうこうぼう)祐恵(ゆうけい)です。

お問い合わせ
スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ