軽自動車税

 毎年、4月1日現在、町内で原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車などを所有している人に課税され、年度の途中で廃車、名義変更されたとしても、税金の月割り還付はありません。

 地方税法の改正により、平成28年度から軽自動車税の税率が変更されました。詳しくは下記税率表をご確認ください。

 なお、電気自動車を所有の方、また障害者手帳を持ちの方で、要件を満たしている方は、軽自動車税が減免になります。

原動機付自転車及び二輪車等の税率

原動機付自転車及び二輪車等税率表

 

種別

排気量

税率

原動機付自転車

50cc以下

2,000円

50cc超~90cc以下

2,000円

90cc超~125cc以下

2,400円

三輪以上のもの(ミニカー)

3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用

2,400円

その他(フォークリフト等)

5,900円

二輪の軽自動車

125cc超~250cc以下
ボートトレーラー

3,600円

二輪の小型自動車

250cc超

6,000円

 

軽自動車の税率

軽自動車税率表

 
種別 経過措置 現行税率 重課税率
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
乗用自家用 7,200円 10,800円 12,900円
乗用営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物自家用 4,000円 5,000円 6,000円
貨物営業用 3,000円 3,800円 4,500円

経過措置及び現行税率

 三輪及び四輪以上の軽自動車で、平成27年3月31日以前に最初の検査(初度検査)を受けたものには経過措置が適用され、平成27年4月1日以降に初度検査を受けたものには現行税率が適用されます。

重課税率 

 軽自動車税のグリーン化を進める観点から、賦課期日(毎年4月1日)に初度検査年月(自動車検査証の「初度検査年月」欄に記載)から13年を経過した三輪及び四輪以上の軽自動車には重課税率が適用されます。ただし、動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車並びに被けん引車は除かれます。

グリーン化特例(軽課)税率

 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに初度検査を受けた環境負荷の小さい車体には、排ガス性能や燃費基準の達成度合いに応じてグリーン化特例(軽課)税率が適用されるため、平成29年度に限り軽自動車税が軽減されます。

軽課税率表
 
種別 (A) (B) (C)
三輪 1,000円 2,000円 3,000円
乗用自家用 2,700円 5,400円 8,100円
乗用営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物自家用 1,300円 2,500円 3,800円
貨物営業用 1,000円 1,900円 2,900円

(A)電気軽自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス基準10%低減)

(B)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成★4かつ平成32年度燃費基準+20%達成車

  貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成★4かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(C)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成★4かつ平成32年度燃費基準達成車

  貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成★4かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※(B)、(C)については、ガソリンを内燃機関の燃料として用いる軽自動車に限ります。

各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

原動機付自転車(125cc以下)等の手続き

登録の手続き

登録の手続きに必要なもの

手続き理由

手続きに必要なもの

販売店から購入した車両を登録する

  1. 所有者の印鑑
  2. 販売証明書

廃車した車両を再登録する

  1. 所有者の印鑑
  2. 廃車申告受付書

愛川町外から転入した(前住所地で廃車手続きを行っている)

  1. 所有者の印鑑
  2. 廃車申告受付書

愛川町外から転入した(前住所地で廃車手続きを行っていない)

  1. 所有者の印鑑
  2. 標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書

 

廃車の手続き

廃車手続きに必要なもの

手続き事由

手続きに必要なもの

車両を廃棄する

  1. 所有者の印鑑
  2. 標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書

愛川町外に転出する(した)

  1. 所有者の印鑑
  2. 標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書

盗難にあった

  1. 所有者の印鑑
  2. 車両のみ盗難されたときには標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書
  4. 盗難届確認事項(警察に届出した後に手続きしてください)

紛失した

  1. 所有者の印鑑
  2. 車両のみ紛失したときには標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書
  4. 紛失に関する経過

(注意)標識(ナンバープレート)のみ紛失・盗難されたときに、あらためて標識(ナンバープレート)の交付を受けて車両の使用を継続する場合には、標識(ナンバープレート)の再交付の手続きを行って下さい。また、車両の廃棄等を行って所有者でなくなった場合には、廃車手続きを行って下さい。

登録変更の手続き

登録変更手続きに必要なもの
手続き事由

変更手続きに必要なもの

愛川町内の方同士の譲渡

  1. 譲受人の印鑑
  2. 標識交付証明書
  3. 譲渡証明書

 

愛川町外の方に譲り渡す

 

  1. 所有者の印鑑
  2. 標識(ナンバープレート)
  3. 標識交付証明書
  4. 譲渡証明書

所有者が亡くなった

  1. 標識(ナンバープレート)
  2. 標識交付証明書
  3. 印鑑
  4. 被相続人との関係がわかる書類

 

手続きに関する注意事項

 印鑑はスタンプ印は不可です。必要書類等を紛失した場合は、必ずご相談ください。

原動機付自転車・軽自動車等の手続き場所

手続き場所・問い合わせ先
種類 手続き場所 電話番号
原動機付自転車
(125cc以下)
愛川町役場税務課
愛川町角田251-1
046-285-2111
4輪・3輪の軽自動車、2輪の軽自動車(125cc超~250cc) 軽自動車検査協会相模支所
愛川町中津4071-5
(コールセンター)
050-3816-3120
2輪の小型自動車
(250cc超以上)
神奈川運輸支局
相模自動車検査登録事務所
愛川町中津7181
050-5540-2037

 

軽自動車税Q&A

Q . 軽自動車(原動機付自転車)を4月15日に廃車しました。今年度の税金は戻るのでしょうか。

A . 軽自動車税は、4月1日現在、所有(登録)方に課税される年税額です。年度の途中で廃車したとしても、月割での税金の戻りはありません。

Q . 原動機付自転車を4月10日に廃車しましたが、5月になり、納税通知書が送られてきました。 税金を支払わなければいけないのでしょうか。

A . 軽自動車税は、毎年4月1日現在、原動機付自転車、軽自動車を所有している方にかかる税金です。 4月2日以降に廃車されても税金はお支払いいただくことになります。

お問い合わせ
税務課 町民税班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6915 または 046-285-2111(内線)3272
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ