町たばこ税

 この税金は、たばこの消費に対して課税される税金で、皆さんがたばこを購入するときにその代金の中に含まれているものです。

 毎月末日までに前月の初日から末日までに売り渡した分について、町に申告し納付します。

納める人

 製造たばこ業者(日本たばこ産業株式会社)、特定販売業者(輸入業者)および卸売販売業者

納める額

 たばこ税は、町内で販売されたたばこ売上本数1,000本あたり、5,262円が町の収入になります。

 ただし、これ以外の旧3級品については、売上本数1,000本あたり、3,355円になります。

旧3級品

 エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット、バイオレット、ウルマの6銘柄です。

町たばこ税(手持品課税)について

 平成27年度税制改正によるたばこ税関係法令の改正に伴い、旧3級品の紙巻たばこに係る国および地方のたばこ税の特例税率を段階的に廃止することとなりました。

 実施時期は、激変緩和等の観点から、平成28年4月1日から平成31年4月1日までに、4段階で税率の引上げが行われます(下表参照)。

旧3級品の紙たばこの税率(1,000本あたり)改正

旧3級品の紙たばこの税率改正
 

平成28年3月31日まで

平成28年4月1日から

平成29年4月1日から 平成30年4月1日から 平成31年4月1日から
地方のたばこ税 2,906円 3,406円 3,906円 4,656円 6,122円
(道府県たばこ税) 411円 481円 551円 656円 860円
(市町村たばこ税) 2,495円 2,925円 3,355円 4,000円 5,262円
国のたばこ税 2,906円 3,406円 3,906円 4,656円 6,122円

 税率引き上げに伴う所要の措置

 税率改正に伴い、税率引き上げの施行日前に売渡し等が行われた旧3級品の紙巻たばこであって、国のたばこ税の手持品課税の対象となるものを販売のために基準日において所持している場合、旧税率で仕入れた製造たばこを、新税率引き上げ後の価格で販売することによる不当利得の防止のために、手持品課税を実施します。

納める人

卸売販売業者、小売販売業者等

手持品課税の申告・納税について

 手持品課税の申告については、基準日(平成28年4月1日、平成29年4月1日、平成30年4月1日及び平成31年4月1日)午前0時現在において、旧3級品紙巻たばこを販売のため合計5,000本(参考 25カートン)以上所持する小売販売業者等に対して、申告義務が生じます。

申告の方法(平成29年度の場合)

平成29年5月1日(月曜日)までに、営業所または貯蔵場所の所管税務署に申請書(国、県、町分複写用紙)の提出をする。

税金の納付期限(平成29年度の場合)

たばこ税手持品課税の納期限は、平成29年10月2日(月曜日)。

納付方法

国のたばこ税等、県たばこ税、町たばこ税それぞれの納付書を使用。
 

お問い合わせ
税務課 町民税班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6915 または 046-285-2111(内線)3272
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ