マイナンバー制度が始まりました

 平成28年1月から、町役場をはじめ、国や県の機関、市町村の窓口での手続きや、会社での健康保険、税金の源泉徴収の手続きなどで、個人番号(マイナンバー)の利用が始まります。

 マイナンバー制度は、社会保障や税などの各種手続きの簡素化、公平な税負担や社会保障の給付の実現、行政の効率化などを進めるための重要な制度です。

これだけは知っておきたいマイナンバー

一人ひとりに割り当てられる12桁の番号です

 住民票のある全ての方に通知されるもので、一人ずつ番号が異なります。

生涯にわたって使うものです

 住所が変わっても、マイナンバーは原則として変わりませんので、大切に保管してください。

2種類のカードの違いは?

みんなに届く「通知カード」

 一人一人に割り振られた12桁の個人番号をお知らせする紙製のカードです。

 通知カードの券面には、個人番号のほかに、住所、氏名、生年月日、性別が記載されています。顔写真は掲載されません。

 通知カードは、住所変更手続きなどの行政手続きで必要になりますので、大切に保管してください。紛失した場合、再発行には手数料がかかります。

希望者に交付される「個人番号カード」

 ICチップのついたカードの表面に、住所、氏名、生年月日、性別、顔写真が記載されます。

 本人確認のための身分証明書として利用できるほか、イータックスや電子申請が行える電子証明書も搭載されます。

 個人番号カードが必要な方は、申請により取得できます。個人番号カード交付申請書は、通知カードと一緒に送付します。平成28年1月から順次交付されます。

「個人番号カード」の申請について

  • 申請先:地方公共団体情報システム機構に郵送してください。
    (注意)即時交付はできません。
  • 受け取り窓口:町役場住民課窓口
    (注意)半原連絡所・中津連絡所では受け取れません。
  • 受け取り開始時期:平成28年1月からです。準備ができた方からお知らせします。
  • 手数料:初回は無料(電子証明書発行手数料を含む)
  • 有効期間:20歳以上の方は発行日から10回目の誕生日まで、20歳未満の方は発行日から5回目の誕生日まで
  • 電子証明書:有効期間は発行日から5年間で、原則15歳以上の方に発行します。

マイナンバーQ&A

Q マイナンバーはどんなときに使うの?

A 主に次のような場面で使います。

  • 住所変更
  • 児童手当、保育園・幼稚園の入園
  • 介護・障害福祉サービスの利用
  • 妊娠の届出(母子健康手帳の交付)
  • 国民健康保険の加入
  • 確定申告
  • 職場での年末調整、健康保険の手続き

Q 個人番号カードは必ず作らなければいけないの?

A 希望制なので、申請しなくても構いませんが、身分証明書として使えるほか、カードのICチップを利用した便利なサービスが順次開始される予定ですので、ぜひ申請してください。

Q 買い物や契約のときもマイナンバーを教えなければいけないの?

A 通常の買い物や契約のときに、マイナンバーを教える必要はありませんが、預金・証券口座の開設や、税の源泉徴収手続きがある場合など、マイナンバーを教える必要がある場合もあります。

 不審に思ったら、すぐに番号を教えずに、役場などにお問い合わせください。

お問い合わせ
住民課 住民窓口班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6936 または 046-285-2111(内線)3312
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ