住民票の写しの郵送依頼

 住民票の写しは郵送で請求することができます。次の方法により請求をしてください。

 郵送で請求する場合は、配達日数と発行処理日数が必要ですので、余裕を持って請求してください。お急ぎの場合は速達で送付してください。

 電話による請求には一切応じることはできません。あらかじめご了承ください。

請求方法

 次のものを用意していただき、郵送してください。

 到着次第、住民票を作成し返送いたします。

 また、請求内容に不明な点があるときは電話で確認をさせていただくことがありますので、ご承知おきください。

送り先

〒243−0392 愛川町角田251−1
愛川町役場 住民課 住民窓口班

用意するもの

  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 手数料
  • 返信用封筒

 第三者による請求では、このほかに必要とする書類があります。必要な書類は、請求理由によって異なりますので、詳細につきましてご不明な点がありましたらお問い合わせください。

請求書

レポート用紙や便せんなどに下記のことを記入してください。

  1. どなたの住民票の写しが必要か
    (世帯員全員の住民票の写しなのか、世帯員の一部の住民票の写しなのか)
  2. 住所
  3. 世帯主の氏名
    (外国人住民の方は、氏名を住民票に記載された通称で記載していただいても可能です)
  4. 必要な方の氏名
    (必要な住民票が世帯員の一部のときのみ)
  5. 必要通数
  6. 世帯主との続柄の記載が必要か
  7. 本籍および筆頭者の氏名の記載が必要か
    (日本人住民のみ)
  8. 住民票を使う人(請求者)の住所、氏名、印鑑の押印、連絡先電話番号
    (印鑑はシャチハタ不可)
  9. 使用目的

    外国人住民の方は次のことも記入してください。
     
  10. 国籍または地域の記載は必要か
  11. 在留情報の記載は必要か
  12. 在留カード等の番号の記載は必要か
  13. 電話番号(昼間の連絡先)

 6、7、10、11、12の記載事項については、第三者からの請求の場合、記載できません。

在留情報とは

 在留情報とは、住民基本台帳法第30条の45による区分、在留資格、在留期間等、在留期間満了日です。

住民基本台帳法第30条の45による区分とは

 「中長期在留者」「特別永住者」「一時庇護許可者または仮滞在許可者」「出生または日本国籍喪失による経過滞在者」の区分です

本人確認書類請

 請求者の本人確認をしますので、運転免許証や個人番号カード、住民基本台帳カード、健康保険証や年金手帳、在留カード等(在留カード等とみなされる外国人登録証明書を含む)など、本人確認ができるものをコピーしてください。

手数料

1通 300円
郵便局またはゆうちょ銀行で取り扱っている「定額小為替」を、つり銭のないようにご用意ください。

返信用封筒

 封筒に返信先の郵便番号・住所・氏名を記入し、返送料分の切手を貼ってください。申請件数が複数の場合は大きめの封筒をご用意ください。

関連書類のダウンロード

住民票の写し交付申請書(郵送用)(PDF:113.1KB)

お問い合わせ
住民課 住民窓口班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6936 または 046-285-2111(内線)3312
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。