個人番号カード・住民基本台帳カードによる転入・転出

個人番号カード・住民基本台帳カードは転出しても継続利用できます

町外へ転出しても原則として継続して使うことができます。

注意事項

  • 継続利用ができるのは、有効なカードに限ります。
  • 確定申告等で利用する電子証明は継続の対象となりません。継続利用にあたっては別途手続きが必要になります。

継続利用を希望する場合の、転出届〜転入届の特例

1.転出届(特例)

手続き方法

 継続利用をご希望の場合、窓口で転出届をする際に、その旨をお伝えください。

 特に転出届を郵便で提出される場合は、有効なカードを受けており、継続利用を希望する旨と、昼間連絡のつく電話番号を必ず明記してください。

 原則、カードを使って転出届をする場合は「転出証明書」の交付はありません。転入地で必ずカードをご持参の上、転入手続きをしてください。カードが「転出証明書」の代わりとなります。

※半原連絡所・中津連絡所では、取り扱いをしておりません。

転出届の提出期限

 引越し前の14日、または引越しが終わった日から14日以内に転出届をされた場合、継続利用の対象となります。

 下図の転入届提出期間を過ぎて転入届をされた場合、前住所から発行された 「転出証明書」が新たに必要になります。

(図1)転出届出期間イメージ

2.転入届(特例)

手続き方法

 カード継続利用をご希望の場合、窓口で転入届をする際に、その旨をお伝えください。有効なカードを所持しており、以前お住まいの市区町村で上記1.の転出届(特例)をしていないと、継続利用する旨の転入手続きができませんので、ご注意ください。

 なお、継続利用の手続きには、暗証番号の入力が必要です。

・個人番号カードをお持ちの方は、住民基本台帳用暗証番号と券面事項入力補助用暗証番号(いずれも数字4桁)が必要です。

・住民基本台帳カードをお持ちの方は、数字4桁の暗証番号が必要です。

※半原連絡所・中津連絡所では、取り扱いをしておりません。

転入届の提出期限 

 引越しが終わった日から14日以内に転入手続きをしてください。提出期間を過ぎて転入届をされた場合、前住所地から発行された「転出証明書」が新たに必要になりますのでご注意ください。特に、カード継続利用をする場合は、届出期間内に必ず手続きをしてください。

個人番号カード・住民基本台帳カードの継続利用について(PDF:13.7KB)

その他注意事項

  • 同じ世帯の方の中に、カードの交付を受けている方が1人でもいれば、全員の手続きが可能です。
  • 転入届をする際に、転入先において同一世帯の方であれば、カードをご持参の上、転入届を代理で行うことが可能です。その際に、暗証番号4桁の入力が必要になりますので事前に、カードの名義人に暗証番号を確認してください。

関連書類のダウンロード

個人番号カード・住民基本台帳カードを持っている方の転出届出書(PDF:30.2KB)

お問い合わせ
住民課 住民窓口班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6936 または 046-285-2111(内線)3312
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。