「第5次愛川町総合計画」(案)について

「第5次愛川町総合計画」(案)についての詳細
案件名 「第5次愛川町総合計画」(案)について
意見の募集期間 平成22年10月15日~平成22年11月5日
募集は終了しました。
担当課 行政推進課
提出者数 1人(3件)

結果の閲覧場所

12月2日(木曜日)~平成23年6月1日(水曜日)まで閲覧できます。

  • 町政情報コーナー(役場1階)
  • 半原出張所
  • 中津出張所
  • 文化会館
  • ラビンプラザ
  • レディースプラザ
  • 町ホームページ

意見の内訳

意見の内訳
基本計画第5部第3章 地域資源を活用した観光の振興について 3件
合計 3件

パブリック・コメント手続を踏まえた政策等

第5次愛川町総合計画(最終案)について(PDF:3.4MB)

パブリック・コメントに対する町の考え方について

基本計画第5部第3章について(3件)

パブリック・コメントに対する町の考え方について
意見など(要旨) 町の考え方 修正個所
  • 「周辺整備」の「考え方と予算」の組み替えについて
 第5次愛川町総合計画基本計画第5部第3章「地域資源を活用した観光の振興」で「観光・レクリエーションを産業の柱として発展させていくことが重要」と提案していることに大賛成するものです。しかし、「基本施策」(取組みの方向)の第一に県立あいかわ公園を掲げていることについては、以下の3つの視点から「取組みの方向」に軌道修正が必要と考えます。
  1. 通過観光から地域に経済効果をもたらす観光へ
  2. ダムサイト周辺投資から中津川下流域に広げた投資へ
  3. 自動車目線から歩行者・自転車目線の観光へ 
 町の観光振興については、県立あいかわ公園はもとより、中津川などの豊かな自然や歴史、文化など町の有する様々な観光資源を有効に活用することにより、総合的に進めていくもので、総合計画書には町が重視している順番で取組みの方向を示しているものではありません。
 ご提案の「地域に経済効果をもたらす観光」の考えなどにつきましては、今後の取組みの参考とさせていただきます。
なし
  • 中津川流域の歴史文化を踏まえたまちづくり戦略が必要(その1)心のシルクロードでアジアとつながる中津川流域
 「目標」の5項目めで「多彩な産業の活力あるまちづくり」に触れていますが、特に「地域資源を活用した観光の振興」のためには、中津川流域の歴史文化的意義を踏まえた戦略的まちづくりが必要であり、川や滝、水への信仰を通した「心のシルクロード」の歴史及び幕末明治、日本の近代化を支えたシルク産業の起業地であったという歴史は、愛川町の新たな観光文化のまちづくりのキーワードとして「シルクロード」が有効であることを示しています。
 『新たな観光文化のまちづくりのキーワードとして「シルクロード」が有効』との御提案につきましては、地場産業である繊維産業をいかした観光の振興をはかるため、「第6部第2章第1節 3地場産業の振興-(3)」において、「体験型観光等と連携した繊維産業の振興促進」を掲げております。
 今後も県立あいかわ公園内の工芸工房村での体験などを通して、繊維産業と観光事業との連携をはかり、町の観光振興につなげてまいりたいと考えております。
なし
  • 中津川流域の歴史文化を踏まえたまちづくり戦略が必要 (その2)「自然との共生」の象徴である中津川;憩いと情報発信拠点
「時代」と「地域」の視点で考える時、「自然との共生」という「時代」と「地域」の接点が「中津川」には存在します。今人類が直面する重要な課題は、地球温暖化の原因とされるCO2排出規制や自然の再生、循環型エネルギーの導入ですが、「水」がキーワードとなっています。   この水をエネルギーとして水車を利用して起業されたのが愛川町の撚糸産業であり、「自然との共生」による産業振興であったわけですが、観光文化のまちづくりにおいても「中津川」の水を観光資源とする方法はあると考え、次のとおり提案します。
  1. 木道、水車、東屋、自然・野鳥観察施設でホッとする空間づくり
  2. 河川敷を舞台に音楽イベント
  3. 中津川を正視した新しい観光文化産業の振興
  4. 中津川流域振興をめざすまちづくりのための協働機関の設置  
 かつて本町の主要産業でありました繊維産業は、中津川の清流をエネルギー源としており、現在においても中津川は本町の観光資源中心にあることから、御提案の「(1)木道、水車、東屋、自然・野鳥観察施設でホッとする空間づくり」、「(2)河川敷を舞台に音楽イベント」、「(3)中津川を正視した新しい観光文化産業の振興」につきましては、今後の観光振興施策の実施段階において参考とさせていただきます。
 また、「(4)中津川流域振興をめざすまちづくりのための協働機関の設置」につきましては、総合計画基本構想に「協働のまちづくり」を掲げておりますことから、今後、協働のまちづくりを進めていく中で、参考とさせていただきます
なし

 

お問い合わせ
企画政策課
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。