児童・生徒の学習を応援

眩しい笑顔を、育てたい。

 愛川町の教育のモットーは「人づくり」。
 家庭・地域と連携した開かれた学校で、児童生徒一人一人が笑顔になれることを大切にし、町の未来を担うたくましい人材を育てます。
 子どもたちが自らの将来を考え、目標を持つことを尊重し、高校や大学に進学した後もバックアップしていきます。

※各支援制度には条件がありますので、詳細はリンク先の町ホームページをご確認いただき、担当までお問い合わせいただきますようお願いいたします。(リンク先のページが無い場合は直接担当までお問い合わせください)

あいかわ子育ていきいき宣言

(写真)あいかわいきいき子育て宣言チラシ

 全国学力・学習状況調査の結果をもとに、愛川町の子どもたちがさらに健やかに育っていくためには、学校・地域はもちろんのこと、家庭の協力が不可欠であることが改めてわかりました。
 そこで、家庭や地域でできる4つの取組を「あいかわ子育ていきいき宣言」としてまとめ、家庭や地域で取り組むことで、子どもたちの学びを支援しています。

 

 

「あいかわ子育ていきいき宣言」

  • あさごはんを、しっかりと食べさせます!
  • いいところを見つけて、たくさんほめます!
  • かぞくでたくさん、話します!
  • わかる楽しさを、学ばせます!
     

学習支援、人材の育成

放課後学習「あすなろ教室」

 学習習慣を身につけ、学力を伸ばしてもらうために、小学校3・4年生の希望者を対象として、放課後の学習指導「あすなろ教室」を全小学校で年20回程度実施しています。

※主に国語や算数の学習指導を行っています。

小中一貫教育の推進

 小中学校9年間を見通した教育課程の編成による学力向上と、小学校から中学校に進級した際、新しい環境にすぐなじめるようにするため、小中学校のさらなる連携強化を図り、小中一貫教育を推進します。

地域連携型中高一貫教育校の神奈川県立愛川高校

 県立愛川高校は、県内唯一の「地域連携型中高一貫教育校」。町の全中学校と連携し、確かな学力と豊かな人間性・感性を身につけるプログラムを実施しています。

神奈川県立愛川高校ホームページ(連携型中高一貫教育)

中高一貫教育の取組み(神奈川県ホームページ)

学習支援「土曜寺子屋」

 住民団体との協働により、様々な困難を抱える小学校3年生から中学校3年生までの児童生徒を対象に、学習支援や居場所を提供する「土曜寺子屋」を実施しています。

小・中学生無料学習教室「土曜寺子屋(ドテラ)」の児童・生徒募集中!「(公財)かながわ国際交流財団が運営する「かながわ・こみゅにてぃ・ねっとわーく・さいと」(http://www.kifjp.org/kcns/)のページです」

「土曜寺子屋」運営団体 小さな森の学校ホームページ

充実の教育環境

大型テレビやタブレット端末の導入

 全小中学校に大型テレビやタブレット端末を導入!!動画や写真などを使い、楽しく分かりやすい授業を実施します。

普通教室にエアコンを完備

 全小中学校の普通教室にリース方式によるエアコン設備を運用しています。児童生徒の健康面をサポートし、快適な学習環境を作っています。

中学校までおいしい教育

 町では、小学校給食(自校調理方式)に加え、中学校給食(デリバリー方式)も実施しています。この方式では、持参の弁当か給食かを選ぶことができます。給食は、ランチボックス(弁当容器)に、温かいごはんと4品程度のおかずを別々に盛り付け、学校へ配送します。

 また、食材の地産地消を取り入れながら、給食を通して、生徒の食に関する正しい理解と安全な食品を選択できる判断力を養うなど、学校給食を活用した食に関する指導を行っています。

新入学生に教材を支給

 新小学校1年生と新中学校1年生を対象に、学校で使用する教材の一部を支給します。

インクルーシブサポーターの派遣

 全小中学校にインクルーシブサポーターを派遣し、支援を必要とする児童生徒に柔軟に対応しています。

スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの派遣 

 全小中学校にスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーを派遣し、不登校やいじめなどの課題にも早期に対応します。

人づくりは、将来に花開く

町立中学校2年生の職場体験

平成28年度の中学2年生職場体験のポスター

 地域の方々が町の教育に関わり、子どもたちが地域で学ぶ取り組みの1つとして、町立中学校の2年生全員が、町内の企業や事業所などでの職場体験を行います。この体験を通して、働くことに対する理解が図られ、子どもたちが自分自身の将来・キャリアを考える機会になっています。

 例年、町内の企業や事業所の約120ヶ所に、職場体験協力事業所として登録いただき、地域の方から、全面的な支援をいただいています。

愛川町ジュニアリーダーズクラブ

 ジュニアリーダーは、中学生・高校生が中心となり、地域のお兄さん・お姉さんとして、子ども会の新入生歓迎会やクリスマス会などのイベントへの協力のほか、小学生対象のカヌー教室やジュニアフェスティバルなどを企画・運営しています。

 また、育成会活動や町主催の行事にも協力し、子どもと大人のパイプ役として活動しています。

高等学校等通学費助成

 

 高等学校などに通学する生徒がいる家庭の経済的負担の軽減と、公共交通機関の利用促進を図り、生徒の多様な高等学校等への進学を支援することを目的に、通学費の助成を行っています。

 助成には、バス通学助成金と自転車通学助成金の2種類があり、どちらか一方のみ受けることができます。

バス通学助成金

 特定路線におけるバス乗車区間の3ヶ月通学定期代相当額を3で割った額の15%(100円未満切捨て)

自転車通学助成金

 自転車本体購入額の2分の1(ただし、限度額20,000円) 

【9月29日申請締め切り】平成29年度愛川町高等学校等通学助成金

高校・大学などへの就学時の教育資金利子補給助成

 高校や大学などへの就学の際に、経済的負担の軽減を図るため、町内の金融機関から融資を受けた教育資金について、利子の一部を助成します。(年間最大2万円、就学期間中最長4年間)

愛川町の教育に関する情報

愛川町の学校や教育、生涯学習に関する情報は、次のリンクをご覧ください。

教育