大人の町歩き≪三増合戦≫

戦国時代の激戦 三増合戦ゆかりの地めぐり

(地図)三増合戦ゆかりの地

 1569年(永禄12年)10月、甲斐の武田信玄と小田原の北条氏康の軍が戦った、名高い山岳戦「三増合戦(三増峠の戦い)」は、愛川町の三増で、繰り広げられました。史書「甲陽軍鑑」には、戦死者は北条方3,269人、武田方900人と記されています。

 合戦の序盤は、北条綱成が指揮する鉄砲隊の銃撃により、武田軍左翼の侍大将・浅利信種が撃たれるなど、北条軍有利に経過。しかし、武田軍・山県昌景率いる5千の精兵が高所から奇襲に出ると戦況は一気に傾き、北条軍の後軍が間に合わなかったことも影響して、最終的には武田軍が勝利したそうです。

 激しい戦を物語るかのように、この一帯からは、刀や槍、鉄砲の弾などが出土しています。また、「武田信玄の旗立松」「浅利明神」「首塚」などの史跡が残っています。

武田信玄の旗立て松

(写真)旗立て松からの風景

 三増合戦の際、信玄が大将旗を立てたと言い伝えのある旗立て松。その老松が枯れてしまったことを惜しんで、1928年(昭和3年)に石碑が建てられました。右の写真のとおり、戦国時代に信玄が陣取った松の付近は、眺めも抜群です。

 

【アクセス】 三増合戦碑(神奈川県愛甲郡愛川町三増1182-3)から徒歩25分

三増合戦場碑

(写真)三増合戦碑

  武田軍と北条軍が激戦を繰り広げた「三増合戦場」。その石碑は400年後の1969年(昭和44年)に、建立されました。合戦場跡で、戦国時代に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

【住所】神奈川県愛甲郡愛川町三増1182-3

【アクセス】圏央道相模原インターチェンジから、県道中野・厚木線約30分

首塚

 志田道と町道との分岐点の丘の上にある首塚は、不動堂とも呼ばれています。

 1706年(宝永3年)に建てられた碑には、当時この辺に戦死者の幽霊が出没するので念仏を供養したと刻んであります。

 

【アクセス】 三増合戦場碑から半原方面へ徒歩で7分。神奈川中央交通「上志田」バス停そば。

田代城址と八幡社

 北条方の田代城は、三増合戦の時に落城したと伝わっています。その守護神の八幡社は愛川中学校の裏の丘、タブノキ木陰にあります。

 

【アクセス】 三増合戦場碑から半原方面へ車で5分。愛川中学校裏。

浅利信種墓所と浅利明神

 激闘の末、北条軍が放った鉄砲で胸を撃たれて戦死した、武田二十四将の1人、「浅利信種」。その信種をまつった「浅利明神」では、祈願成就の際、木太刀を奉納する習わしが今に伝わっています。

 

【アクセス】 東名厚木カントリー倶楽部ゴルフ場そば。「浅利明神墓所入口」の標柱が目印。

あわせて楽しみたい!グルメ&イベント

三増合戦まつり

(写真)三増合戦まつりの騎馬戦演舞

 毎年9月から10月ごろには、両軍の戦死者を祭る慰霊祭と、戦国絵巻を今に再現する「三増合戦まつり」が合戦場跡で開催されています。

 騎馬隊によるパレード、鉄砲隊による演舞や木曽馬演技などの戦国絵巻を再現した演目で、大勢の観光客でにぎわいます。

三増の獅子舞

(写真)三増の獅子舞

 太鼓を打ち鳴らしながら、三頭の獅子が組になって舞い続ける古式ゆかしい獅子舞で、干ばつと疫病除けの行事として毎年7月に諏訪神社で行われています。

 

【諏訪神社の所在地】 神奈川県愛甲郡愛川町三増587

卵菓屋

(写真)卵菓屋のプリン

 神奈川中央養鶏農業協同組合が運営する新鮮タマゴの「卵菓屋」。新鮮なタマゴの販売の他に、ロールケーキやプリンなどのスイーツも人気のお店です。

 黄身が2つ入った二黄卵など直営店ならではの商品もあります。

 

【住所】神奈川県愛甲郡愛川町三増1000

【営業時間】8時~18時

【定休日】なし(1月1日~1日3日を除く)

【電話】046-281-6475

卵菓屋ホームページ

菓匠 圡門

(写真)どもんのお菓子

 1976年創業の手作り和菓子店です。最中やどら焼きなどの素材・季節感にこだわった和菓子や、日本銘菓大賞の「雪月花」ようかんもオススメです。

 町観光キャラクターあいちゃんをパッケージに使用した「あいちゃんチーズ饅頭」もあります。コクのある濃厚クリームチーズを、しっとりとしたクッキー生地で包み、サクサクのくるみをまぶした、スイーツ好きのあいちゃんも納得の商品です。

 

【住所】神奈川県愛甲郡愛川町角田261-3

【営業時間】平日9時~19時

                 日曜日9時~18時30分

【定休日】年中無休                          

【電話】046-285-1790

菓匠圡門ホームページ