折々の記 平成29年4月

4月29日 第15回あいかわ公園つつじまつりを開催

 晴天の下、約40種4万4千本のツツジが咲く県立あいかわ公園で、第15回あいかわ公園つつじまつりを開催しました。

 会場では、組みひもづくりや藍染め、手すき和紙といった伝統工芸の体験教室や、愛川ブランド認定品の販売、ステージショーなど、さまざまな催しを行ったほか、宮ヶ瀬ダムの観光放流も行われ、大迫力の放流には大きな歓声が上がっていました。

 ご来場いただいた大勢の皆さんには、春真っ盛りの愛川町を、たっぷりとお楽しみいただけたかと思います。

(写真)小野澤町長あいさつ

小野澤町長あいさつ

(写真)ステージの様子

ステージの様子

(写真)にぎわう会場

観客の皆さん

(写真)花の苗の配布

花の苗のプレゼント

(写真)あいかわ公園のツツジ

あいかわ公園のツツジ

(写真)つつじまつり会場の様子

つつじまつり会場の様子

(写真)手すき和紙体験

手すき和紙体験

(写真)宮ヶ瀬ダム観光放流

宮ヶ瀬ダム観光放流

(写真)あいちゃん音頭

あいちゃん音頭

(写真)フリースタイルフットボール

フリースタイルフットボール

4月28日 山崎重さん 100歳のお祝い

 100歳のお誕生日を迎える山崎重さん(田代)のご長寿をお祝いする会が、角田の介護老人福祉施設「ミノワホーム」で開催され、ご家族や入居者、職員の方などと共に山崎さんをお祝いしました。

 山崎さんは、大正6年に半原で生まれました。お兄さんが経営する糸工場で働いていたほか、結婚後は家事の傍ら、お子さんが開いたお店の手伝いなどをされていたそうです。

 料理が得意で、特に煮物は、誰にもまねのできない母の味だったそうです。また、お肉やラーメンが好きで、お孫さんが初めてのアルバイト代でラーメンをごちそうしてくれたときには、うれしそうに召し上がっていたということです。

 お祝いの会では「大勢の方に祝っていただき、ありがとうございます」とごあいさつをされました。

 100歳のお誕生日、本当におめでとうございます。これからもますますお元気で長生きしてください。

(写真)山崎さんとご家族、小野澤町長

山崎さんとご家族、小野澤町長

4月27日 民間企業・団体と、災害時の協力協定を締結

 新年度に入り、災害への対応力を強化するため、民間の2企業、1団体と災害時の協力体制に関する協定を締結しました。

 グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社とは、「災害時における施設等の提供協力に関する協定」を締結し、同社が神奈川県内陸工業団地内に所有する大型物流施設「GLP厚木II」の駐車場を、災害時に救援車両の待機場所や救援物資の保管場所として利用させていただきます。

 ヤマト運輸株式会社厚木主管支店とは、「災害時における物資輸送等の協力に関する協定」を締結し、災害時に同支店の配送センターなどの施設を活用することにより、支援物資の仕分けや、町内避難所への物資の輸送などについて、ご協力をいただきます。

 一般社団法人神奈川県建築士事務所協会愛川支部とは、「災害時の被災建築物に関する応急支援等にかかる協定」を締結し、大地震発生時に建物の安全性を応急的に判定する「応急危険度判定」を実施していただくほか、平時の防災訓練など、さまざまな活動にご参加をいただきます。

 町では引き続き、官民一体となった地域防災体制の確立に努めるなど、災害への備えを強化してまいります。

(写真)GLP株式会社 帖佐代表取締役社長と小野澤町長

GLP株式会社 帖佐代表取締役社長と小野澤町長

4月10日 新採用職員と懇談会を行いました

 4月1日付けで採用した職員との懇談会を行いました。少し緊張した表情の新採用職員に向けて、町の施策や課題、公務員としての心構えなどを伝えました。

 若者にしかない、柔軟な発想で、積極的に仕事に取り組んでもらい、町民皆さんの幸せのために、一緒にまちづくりを進めていきたいと思います。

(写真)新採用職員と懇談する小野澤町長

4月8日 水源地跡地でお花見・菜の花まつり・だだんべライトアップ

 4月8日は、町内各地で催しが開催され、雨模様の天気にもかかわらず、大勢の皆さんで賑わいました。

 半原地区の横須賀水道半原水源地跡地では、愛川地区まちづくり協議会が主催するお花見が、横須賀市上下水道局の協力により開催されました。合唱やハーモニカ演奏なども行われ、来場した観光客の皆さんは、桜とステージイベントを満喫していました。
 半原水源地跡地は「観光・産業連携拠点づくり構想」の拠点です。構想がよりよいものとなるよう、愛川地区まちづくり協議会と協力しながら策定を進めてまいります。

 三増地区では、今年で第8回目となる「菜の花まつり」が開催され、畑一面に咲き誇る菜の花や、愛川ブランドをはじめとした数々の露店、ステージでの音楽演奏などを、町内外から来られた大勢の皆さんが楽しみました。

 田代地区では、愛川町西部地域まちづくり推進委員会が主催する「だだんべ・ひろせの夜桜ライトアップ特別イベント」が、田代運動公園南側の桜並木で開催されました。愛川にぎわいマルシェをはじめとした露店や、ダンス、阿波踊り、民謡などを、河川敷に咲く桜と合わせて楽しむ皆さんで賑わいました。

水源地であいさつをする小野澤町長

水源地であいさつをする小野澤町長

水源地のお花見の様子

水源地のお花見の様子

愛川ブランドを見学する小野澤町長

愛川ブランドを見学する小野澤町長

「菜の花まつり」の様子

「菜の花まつり」の様子

だだんべライトアップであいさつをする小野澤町長

だだんべライトアップであいさつをする小野澤町長

だんべライトアップの昼間の様子

だだんべライトアップの昼間の様子

4月7日 愛川町戦没者追悼式

 戦没者ご遺族の方々にご参列をいただき、半原馬渡の愛川忠霊塔を会場に、平成29年度愛川町戦没者追悼式を挙行いたしました。

 式に際しましては、先の大戦で尊い命を国に捧げられ、再び郷土愛川の土を踏むことなく、悲しくも亡くなられた380余柱の英霊に、謹んで追悼と慰霊の誠を捧げました。

 平和で豊かになった現在では、先の大戦は遠い歴史の一こまとなってしまったような錯覚にとらわれがちですが、ご遺族の皆さま方は一家の支柱を失い、当時の不安混沌とする世相の中で、黙々とあらゆる苦難を堪え忍んでこられました。

 私たちは、諸霊の大きな犠牲と、ご遺族の皆さま方のたゆみない努力によって、今日の平和な社会が築かれたことを、決して忘れません。

 再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、戦争の悲惨さと平和の尊さを、次代を担う子供たちに引き継ぐことが、今を生きる私たちに課せられた重要な責務です。

 尊い遺訓をかみしめ、平和な国際社会の構築に努力するとともに、本町の限りない発展と4万1千人余の町民皆さんの幸せのために、全身全霊を傾け邁進していくことをお誓い申し上げます。

(写真)小野澤町長あいさつ

小野澤町長あいさつ

(写真)小野澤町長による献花

小野澤町長による献花

4月5日 町立小・中学校入学式

 4月5日、町内の小・中学校全9校で入学式が行われ、合わせて635人の新入生が新たな学校生活への第一歩を踏み出しました。

 半原小学校では、新しいランドセルを背負った45人が入学、愛川中原中学校では、大きな制服に身を包んだ97人が入学しました。新入生たちは、これから始まる学校生活への期待と緊張の面持ちで式に臨んでいました。

 さまざまな出会いや経験が皆さんを待っていますが、それら全てがこれからの人生の糧となります。勉強や部活動など勇気を持ってチャレンジしてください。ご入学おめでとうございます。

(写真)半原小学校での小野澤町長あいさつ

半原小学校での小野澤町長あいさつ

(写真)愛川中原中学校での小野澤町長あいさつ

愛川中原中学校での小野澤町長あいさつ

お問い合わせ
総務課 広報・シティセールス班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-2111(内線)3221
ファクス:046-286-5021
メールフォームでのお問い合せ