2019 若き演奏家たちによるクラシックアンサンブル

古民家山十邸

2019 若き演奏家たちによるクラシックアンサンブルの詳細
分野

イベント・催し,文化・芸術,その他

とき 2019年05月11日
(土曜日)午後2時開場、3時開演
ところ 古民家山十邸

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

定員

抽選

100人(予約席・抽選)
申込期間 平成31年4月15日~4月24日

内容

参加申込み方法

  • 4月15日(月曜日)から24日(水曜日)午後5時まで、電話やファクスなどで申し込みを受け付けますので、氏名・住所・電話番号・交通手段をお伝えください。一度に申し込みできる人数は5人までです。
  • 応募者多数の場合は抽選を行い、4月下旬に抽選結果を通知します。
  • 空席がある場合には、町ホームページに掲載し、先着順で予約を受け付けます。
  • 当選された方は、予約席を100席用意していますので、早く来場された方から順番に席をご案内します。
  • 当日の受け付けも可能ですが、立見席での鑑賞となる場合がありますので、ご容赦ください。なお、受け付けをしない方でも、山十邸の庭園やあずまやなどで演奏をお楽しみいただくことができますので、ぜひお立ち寄りください。

若き演奏家たちによるクラシックアンサンブル!!再演

 愛川町では、国登録有形文化財でもある古民家山十邸を活用し、若者たちの芸術・文化・交流の場を提供する事業の一環として、2016年から「山十邸プラスアクト事業」を実施しています。この事業は、山十邸の「十」を「プラス」と読み替え、愛川町にとっても、町民および町外から訪れる方にとっても、文化・教養の分野においてプラスの活動(アクト)になるようなイベントの開催を意味しています。

 これまで、昨年、一昨年と演奏会を開催し、町内および町外から訪れた方に古民家山十邸の魅力を感じていただき、多くの喜びや感動がありました。

 今年も東京藝術大学音楽学部に学ぶ有志4人をお招きし、あの感動を再現できればとの思いから、3回目となるクラシックアンサンブルを開催します。

 4人の若き演奏家たちが奏でる高いレベルの演奏と、建築から136年たった今でも、豪壮なたたずまいを残す山十邸は、観る者を魅了し、コンサート会場とは違った感動を与えてくれることでしょう。

出演者 紹介

  • 山本 大心(バイオリン)
  • 清水 健太郎(バイオリン)
  • 及川 悠介(バイオリン) 
  • 島田 光博(バイオリン)

観覧する際のお願い

  • 開演中の撮影、録画、録音は原則禁止です。
  • 皆様にここちよく室内楽をお楽しみいただくために、未就学児の入場はご遠慮ください。

愛川ブランド事業者による茶菓の提供

 演奏会当日は、愛川ブランド事業者による茶菓の提供(有料)を予定しております。開演前のひとときを、古民家山十邸の落ち着いた庭園で、洋菓子やフレッシュハーブティーを堪能し、演奏会とともにお楽しみください。

beyond2020プログラム

 2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を生かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラム「beyond2020プログラム」の認証を、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部より受けました。

神奈川県文化プログラム

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す事業として「神奈川文化プログラム」の認証を受けました。

山十(やまじゅう)邸とは

 古民家山十邸は、「かながわのまちなみ100選」に選ばれた熊坂地区の旧街道沿いにあります。明治16(1883)年、熊坂半兵衛の代につくられ、すでに130年以上経過しています。当時の熊坂家は、「山十」(やまじゅう)の屋号で呼ばれたこの地方きっての豪農でした。

建物について

 建物は、半原の宮大工の棟梁として知られている矢内家の右仲、左仲、左文治三兄弟の手によって建てられたものといわれています。用材はケヤキを用い、ほぞ組みのほか、当時の宮大工の技法が存分に生かされた造りとなっています。

 平成21年1月に建築物としての文化財的価値が認められ、主屋と門が国登録有形文化財となりました。

会場までのアクセス

公共交通機関(路線バス)をご利用の方へ

  • 小田急線本厚木駅(北口)1番「三田経由愛川バスセンター」行または厚木バスセンター10番「上三増」行で「局前」下車徒歩5分
  • JR海老名駅西口2番「桜台経由愛川バスセンター」行で「局前」下車徒歩5分
  • JR橋本駅南口1番またはJR淵野辺駅南口1番「田名バスターミナル」行、もしくはJR相模原駅南口5番「水郷田名」行で、「田名バスターミナル」乗り換え、田名バスターミナル2番「半原」行で、「箕輪辻」下車後、箕輪交差点を左折、県道沿いを南(役場方面)に進み、「愛川町役場」から「1.中荻原経由」行、「2.三田経由厚木バスセンター」行、「3.桜台経由海老名駅西口」行で、「局前」下車徒歩5分(2.と3.は「愛川町役場」手前の「愛川バスセンター」からも乗車できます)

※詳細は神奈川中央交通のホームページでご確認ください。

車でご来場の方へ(臨時駐車場を利用していただきます)

  • 圏央道・相模原愛川ICから愛川方面に行き、国道129号に出て、内陸工業団地方面。一本松交差点を直進し、一つ目の信号を右折。(約20分)
  • 圏央道・県央厚木ICから国道129号(相模原方面)に出て、山際交差点を左折し、県道65号。一本松交差点を左折し、一つ目の信号を右折。(約20分)
  • 東名高速道路・厚木ICから厚木方面に行き、国道129号に出て、山際交差点を左折し、県道65号。一本松交差点を左折し、一つ目の信号を右折。(約40分)

 臨時駐車場の駐車可能台数に限りがあります。極力、バスなどの公共交通機関をご利用下さい。
 臨時駐車場は、神奈川県愛甲郡愛川町中津575-1付近です。

アクセスマップ

 

古民家山十邸周辺マップ

関連画像

banner

費用

無料

備考

5月10日~11日は、本イベント開催のため、古民家山十邸の一般の方の観覧ができません。

申込

申込締切

平成31年4月15日(月曜日)から24日(水曜日)午後5時まで

関連ページ(PC)

古民家山十邸

問い合わせ先

スポーツ・文化振興課 スポーツ・文化振興班
〒243-0392
神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1
電話番号:046-285-6958 または 046-285-2111(内線)3632
ファクス:046-286-4588
メールフォームでのお問い合せ