6月は土砂災害防止月間です

6月は土砂災害防止月間です

 毎年6月は、国土交通省が定める「土砂災害防止月間」です。

 近年、気候変動などにより、各地で頻繁に豪雨が起こるようになり、それに伴い、土砂災害の増加も懸念されています。

ハザードマップを活用しましょう

 ハザードマップは、自然災害の被災想定区域や避難場所、防災関係施設の位置などを表示した地図です。事前にこれらの情報を知ることで災害へ備えたり、災害時に速やかに避難できるようになります。

風水害に備えて(ハザードマップ)

町が発令する避難情報

 土砂災害の発生が予想される場合には、町から次の3段階の避難情報を防災行政無線や防災情報メールなどを通じてお知らせします。

避難準備・高齢者等避難開始

 今後、避難勧告や避難指示(緊急)の発令が予想される場合に発令します。いつでも避難ができるよう準備をしましょう。

 高齢者や障がい者、小さいお子さんがいるなど、避難に時間を要する方や、身の危険を感じた方は避難を開始してください。

避難勧告

 災害によって人的被害が発生する可能性が高まった場合に発令します。雨や風など、屋外の状況を確認した上で避難しましょう。

避難指示(緊急)

 実際に災害が発生するなど、状況がさらに悪化し、人的被害が発生する危険性が非常に高まった場合に発令します。直ちにその場から避難しましょう。

避難時の心得

避難は複数人で

 避難の際は単独行動ではなく、できるだけ隣近所で声を掛け合い、複数人で行動しましょう。

危険個所を調べる

 いざというときに慌てないよう、日頃から避難場所や避難ルートにある危険個所を確認しておきましょう。

屋外避難が危険なときは

 流れる水は、皆さんの想像以上に大きなパワーを持っています。道路などが浸水し、歩くのが危険な場合は、無理に避難所へ移動せず、建物の2階へ避難しましょう。平屋の建物の場合は、隣近所の2階に避難させてもらいましょう。

お問い合わせ
危機管理室 危機管理班
〒243-0301
神奈川県愛甲郡愛川町角田286-1
電話番号:046-285-7003
ファクス:046-285-4091
メールフォームでのお問い合せ