応急危険度判定士

 応急危険度判定は、大地震などにより被災した建築物を調査し、その後に発生する余震などによる家屋の倒壊や外壁、窓ガラス及び付属設備の落下・転倒などの危険性を判定することにより、人命に関わる二次的被害を防止することが目的です。

 判定結果は、「危険」「要注意調査済」の3種類のステッカーを建築物の見やすい場所に表示することにより、居住者や付近を通行する歩行者などに対して、その建築物の危険性について情報提供を行います。

 そして、応急危険度判定講習を受講し、県に登録された方でボランティアとして判定を行うのが「応急危険度判定士」です。

応急危険度判定(一般財団法人神奈川県建築安全協会ホームページ)

お問い合わせ
危機管理室 危機管理班
〒243-0301
神奈川県愛甲郡愛川町角田286-1
電話番号:046-285-7003
ファクス:046-285-4091
メールフォームでのお問い合せ